• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【日曜中京11R・金鯱賞】スワーヴリチャード1強戦だ

明け4歳馬がグンと成長

 サトノダイヤモンドVSスワーヴリチャード。2強戦をイメージしていたが、どうも前者のピッチが上がってこない。併走遅れが続き、その動きも重苦しい。走る喜びが表に出ていないのだ。仏2戦の惨敗が優等生タイプの精神面に影響を与えたか。今回は押さえの△まで下げる。

 それならスワーヴリチャードの独壇場だろう。

 今年の千八~二千二百芝の古馬重賞は、中山金杯のセダブリランテスに始まりAJCC、京都記念、小倉大賞典、中山記念と牝馬限定を除けば、4歳勢が5戦全勝中。

 その世代のトップにランクされるのがスワーヴだ。昨年暮れの有馬記念こそ④着も、これは5Fごとのラップが61秒5→61秒4(推定)のスローで外を回らされたため。それでも②着馬から鼻、首差の④着と能力が高い。

 前記した明け4歳馬の活躍は伸びシロの大きさによるもので、スワーヴもグンと成長した。

「全体的に肉付きが良くなって大人の体に。一段と体幹に強さが増した。乗ったミルコ(M・デムーロ騎手)も“凄くいい”と喜んでいたよ」と担当の久保淳助手も話す。

 左回りでのパフォーマンスの高さは、ノーステッキで快勝したアルゼンチン共和国杯が証明するところ。GⅠ大阪杯に向けて好発進を切る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  9. 9

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  10. 10

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

もっと見る