勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【日曜中京11R・金鯱賞】スワーヴリチャード1強戦だ

公開日:

明け4歳馬がグンと成長

 サトノダイヤモンドVSスワーヴリチャード。2強戦をイメージしていたが、どうも前者のピッチが上がってこない。併走遅れが続き、その動きも重苦しい。走る喜びが表に出ていないのだ。仏2戦の惨敗が優等生タイプの精神面に影響を与えたか。今回は押さえの△まで下げる。

 それならスワーヴリチャードの独壇場だろう。

 今年の千八~二千二百芝の古馬重賞は、中山金杯のセダブリランテスに始まりAJCC、京都記念、小倉大賞典、中山記念と牝馬限定を除けば、4歳勢が5戦全勝中。

 その世代のトップにランクされるのがスワーヴだ。昨年暮れの有馬記念こそ④着も、これは5Fごとのラップが61秒5→61秒4(推定)のスローで外を回らされたため。それでも②着馬から鼻、首差の④着と能力が高い。

 前記した明け4歳馬の活躍は伸びシロの大きさによるもので、スワーヴもグンと成長した。

「全体的に肉付きが良くなって大人の体に。一段と体幹に強さが増した。乗ったミルコ(M・デムーロ騎手)も“凄くいい”と喜んでいたよ」と担当の久保淳助手も話す。

 左回りでのパフォーマンスの高さは、ノーステッキで快勝したアルゼンチン共和国杯が証明するところ。GⅠ大阪杯に向けて好発進を切る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る