【金鯱賞】意外に辛勝スワーヴリチャード 大阪杯に向けての課題

公開日:

 勝っても宿題の残る結果となってしまった。

 GⅡ金鯱賞は単勝1・6倍の断然人気スワーヴリチャードが“何とか”勝利を収めた。というのも、ゲートが開くと鞍上M・デムーロがすぐさま、気合を付ける。それがアダとなったのか、少頭数でも大外枠で内に潜り込めず、1角を4番手で入ったあたりからやる気になった馬をなだめきれない形に。

 向正面になると前に壁がなく、我慢が利かずに離れていた逃げ馬をかわす勢いで先頭と併走。前半3~5F目のラップが13秒1―12秒9―11秒8と加速してしまった。その後、3角では落ち着きを取り戻したが、そこで力んだ分が影響し、持ち味の爆発力が鳴りを潜めてしまう。

 2走前のGⅡAR共和国杯のようにノーステッキとはいかず、②着サトノノブレスの懸命な粘り込みもあり、最後はムチが4発が入ったほど。半馬身かわしてのフィニッシュも、若さを露呈した内容は決して褒められたものではなかった。

 本来なら得意の左回りで圧勝しなければならない立場。だが、この走りでは次走のGⅠ大阪杯で不安が募る。

 もともと右回りでは内にモタれる面があり、暮れのGⅠ有馬記念④着では馬は直線で内側に逃避して「平地調教注意」。鞍上も斜行で「2日間の騎乗停止処分」を科せられているからだ。

 GⅠ馬となる資格、能力を持っているのは誰しもが認めるところ。しかし、阪神で行われる大阪杯は直線の短い内回りコース。ただでさえ、パフォーマンスの低下する右回り、条件不向きのコース、気性面と乗り越えなければならない壁がいくつもある。

 ひょっとすると、悲願のビッグタイトルは秋の東京までお預けになるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る