【金鯱賞】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) 有馬記念の時が外を回って苦しくなったんで、前に行った方がいいと思って。作戦通りだったね。直線は凄くいい脚を使った。10キロ増えてたのも成長分だし、次も頑張ります。

庄野調教師 ゲートは出たけど、前に壁をつくれなかったのと、スローペースで力んでいました。それでも、前に出した時に、逃げていた馬が一緒にペースを上げてくれたのが良かった。それで追走が楽になりましたね。体が増えていたのは成長分。胸前とか筋肉が盛り上がって、しっかりしてきた。この後は大阪杯。何としてもGⅠタイトルを取らせてあげたいです。

②着サトノノブレス(幸騎手) 惜しかったですね。マイペースで行けたので、最後までしっかり走ってくれました。

③着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) ペースが速くないからいいと思ったけど、反応がまだ本当じゃないかな。それでも、ラスト150メートルは凄くいい脚を使ったね。次が楽しみだよ。

④着ヤマカツエース(池添騎手) 太かったですね。返し馬でも息遣いがいい感じではなかったので。いつも直線で仕掛けたらスッと動けるんだけど、動きが重かった。次は良くなりますよ。

⑤着ダッシングブレイズ(北村宏騎手) 好位で進められたけど、しまい勝負になってしまいましたから。もう少し流れてほしかったですね。

⑥着ブレスジャーニー(三浦騎手) ゲートはいつもあんな感じです。ただ、馬が良くなってたので、すぐに取りつくことができました。パンパンの馬場がいいタイプ。道中は脚をとられながらも頑張ってくれたし、左回りの方がスムーズでしたね。

⑧着メートルダール(福永騎手) スローになるのは分かってたし、手応えがあれば早めにまくる形も考えてた。でも、逆に離されて……。こんなはずじゃないんですけどねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る