• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【金鯱賞】レース後の談話

①着スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) 有馬記念の時が外を回って苦しくなったんで、前に行った方がいいと思って。作戦通りだったね。直線は凄くいい脚を使った。10キロ増えてたのも成長分だし、次も頑張ります。

庄野調教師 ゲートは出たけど、前に壁をつくれなかったのと、スローペースで力んでいました。それでも、前に出した時に、逃げていた馬が一緒にペースを上げてくれたのが良かった。それで追走が楽になりましたね。体が増えていたのは成長分。胸前とか筋肉が盛り上がって、しっかりしてきた。この後は大阪杯。何としてもGⅠタイトルを取らせてあげたいです。

②着サトノノブレス(幸騎手) 惜しかったですね。マイペースで行けたので、最後までしっかり走ってくれました。

③着サトノダイヤモンド(ルメール騎手) ペースが速くないからいいと思ったけど、反応がまだ本当じゃないかな。それでも、ラスト150メートルは凄くいい脚を使ったね。次が楽しみだよ。

④着ヤマカツエース(池添騎手) 太かったですね。返し馬でも息遣いがいい感じではなかったので。いつも直線で仕掛けたらスッと動けるんだけど、動きが重かった。次は良くなりますよ。

⑤着ダッシングブレイズ(北村宏騎手) 好位で進められたけど、しまい勝負になってしまいましたから。もう少し流れてほしかったですね。

⑥着ブレスジャーニー(三浦騎手) ゲートはいつもあんな感じです。ただ、馬が良くなってたので、すぐに取りつくことができました。パンパンの馬場がいいタイプ。道中は脚をとられながらも頑張ってくれたし、左回りの方がスムーズでしたね。

⑧着メートルダール(福永騎手) スローになるのは分かってたし、手応えがあれば早めにまくる形も考えてた。でも、逆に離されて……。こんなはずじゃないんですけどねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る