• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フィリーズレビュー】レース後の談話

①着リバティハイツ(北村友騎手) ホント、いい脚でしたね。抽選を突破してくれたし、“何とか桜花賞の権利を”と考えていました。前に乗った未勝利の時より成長していました。思っていたより強い競馬ができましたね。乗りやすさに加えて、前進気勢も加わっていたし、素直なところがいいですね。

②着アンコールプリュ(藤岡康騎手) 落ち着きはあったけど、ゲートの中でうるさくなってしまって。出遅れた後もカラ馬がじゃまになったりしたので、じっくりと構えて末脚を生かす作戦に。最後はいい脚を使ってくれたものの、きょうの馬場を考えるともう少し前で競馬がしたかった。

③着デルニエオール(岩田騎手) スムーズなレースができたし、直線に向いた時はスパーンと抜けるかと思ったほど。最後もよく頑張ってはいるけどね。

④着アンヴァル(藤岡佑騎手) 初めてもまれる競馬になったので外に気を使いながら。そんな形でも3角からはハミをグッと噛んでくれたんだけど、直線で少し追い出しを待たされたのが痛かった。スムーズなら突き抜けていたかも。距離は全く問題ないですよ。

⑥着アルモニカ(川田騎手) 精いっぱい頑張っています。

⑩着モルトアレグロ(田辺騎手) 好位から脚を使わせるイメージで。スタートが良かったし、無理をせずにいい位置も取れたね。理想的な競馬はできたし、これならと思ったんだけど……。なぜか伸びてくれなかった。分からないです。

⑫着アリア(丸山騎手) カラ馬が走っていたポジションに付けたかったんですが……。終始、外を走らされる形になってしまいました。大外枠が災いになりましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  10. 10

    納采の儀は困難…小室圭さんは「日本に帰れない」の声も

もっと見る