• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【フィリーズレビュー】レース後の談話

①着リバティハイツ(北村友騎手) ホント、いい脚でしたね。抽選を突破してくれたし、“何とか桜花賞の権利を”と考えていました。前に乗った未勝利の時より成長していました。思っていたより強い競馬ができましたね。乗りやすさに加えて、前進気勢も加わっていたし、素直なところがいいですね。

②着アンコールプリュ(藤岡康騎手) 落ち着きはあったけど、ゲートの中でうるさくなってしまって。出遅れた後もカラ馬がじゃまになったりしたので、じっくりと構えて末脚を生かす作戦に。最後はいい脚を使ってくれたものの、きょうの馬場を考えるともう少し前で競馬がしたかった。

③着デルニエオール(岩田騎手) スムーズなレースができたし、直線に向いた時はスパーンと抜けるかと思ったほど。最後もよく頑張ってはいるけどね。

④着アンヴァル(藤岡佑騎手) 初めてもまれる競馬になったので外に気を使いながら。そんな形でも3角からはハミをグッと噛んでくれたんだけど、直線で少し追い出しを待たされたのが痛かった。スムーズなら突き抜けていたかも。距離は全く問題ないですよ。

⑥着アルモニカ(川田騎手) 精いっぱい頑張っています。

⑩着モルトアレグロ(田辺騎手) 好位から脚を使わせるイメージで。スタートが良かったし、無理をせずにいい位置も取れたね。理想的な競馬はできたし、これならと思ったんだけど……。なぜか伸びてくれなかった。分からないです。

⑫着アリア(丸山騎手) カラ馬が走っていたポジションに付けたかったんですが……。終始、外を走らされる形になってしまいました。大外枠が災いになりましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る