【フィリーズレビュー】レース後の談話

公開日:

①着リバティハイツ(北村友騎手) ホント、いい脚でしたね。抽選を突破してくれたし、“何とか桜花賞の権利を”と考えていました。前に乗った未勝利の時より成長していました。思っていたより強い競馬ができましたね。乗りやすさに加えて、前進気勢も加わっていたし、素直なところがいいですね。

②着アンコールプリュ(藤岡康騎手) 落ち着きはあったけど、ゲートの中でうるさくなってしまって。出遅れた後もカラ馬がじゃまになったりしたので、じっくりと構えて末脚を生かす作戦に。最後はいい脚を使ってくれたものの、きょうの馬場を考えるともう少し前で競馬がしたかった。

③着デルニエオール(岩田騎手) スムーズなレースができたし、直線に向いた時はスパーンと抜けるかと思ったほど。最後もよく頑張ってはいるけどね。

④着アンヴァル(藤岡佑騎手) 初めてもまれる競馬になったので外に気を使いながら。そんな形でも3角からはハミをグッと噛んでくれたんだけど、直線で少し追い出しを待たされたのが痛かった。スムーズなら突き抜けていたかも。距離は全く問題ないですよ。

⑥着アルモニカ(川田騎手) 精いっぱい頑張っています。

⑩着モルトアレグロ(田辺騎手) 好位から脚を使わせるイメージで。スタートが良かったし、無理をせずにいい位置も取れたね。理想的な競馬はできたし、これならと思ったんだけど……。なぜか伸びてくれなかった。分からないです。

⑫着アリア(丸山騎手) カラ馬が走っていたポジションに付けたかったんですが……。終始、外を走らされる形になってしまいました。大外枠が災いになりましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る