• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【土曜中京11R・ファルコンS】田辺テンクウが重賞ウイナーに

3戦連続の騎乗が魅力

 乗り替わりが多いメンバー構成。それも11頭が初騎乗だ。混戦で生きるのは人馬の“結束力”。3戦連続騎乗の田辺テンクウに◎だ。

 4戦のキャリアで3度のコンビ。唯一、手綱を譲った新潟2歳S(③着)は札幌でワールドオールスタージョッキーズがあってのもの。同馬は田辺の“お気に入り”の一頭でもある。

 これまで〈2001〉と結果も出してきた。負けた2走前のサウジアラビアRCは初めて馬群の外を回る形からでも脚を使い、レコード決着の④着。やはり、引き出し方を知っている。前走のジュニアCでは成長も見せての完勝。勢いにも乗った。コンビ2度目の重賞挑戦は結果も出す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る