外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・フラワーC】決め手上位 トーセンブレス突き抜ける

公開日:

 末脚鋭いトーセンブレスで勝負だ。

 当初、年明け初戦はクイーンCの予定だったが挫跖でここにスライド。しかし2月初めからはコース、坂路併用で十分乗り込まれており仕上がりに不安はない。

 新馬では[16][14][12]から上がり34秒0で直一気。中山芝の2歳戦では、短距離千二を別とすると、この上がりは相当に優秀だ。稍重では中山GⅡ2勝馬ナカヤマナイトの未勝利勝ち(千八)の33秒9に次ぐもの。続く重賞2戦での堅実な末脚は、“さもありなん”だ。

 前走、阪神JFでは柴田善に手が戻り、折り合いに進境を見せた点にも好感が持てた。

 当時よりは相手もダウン。一気に突き抜けるとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

もっと見る