外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・フラワーC】決め手上位 トーセンブレス突き抜ける

公開日: 更新日:

 末脚鋭いトーセンブレスで勝負だ。

 当初、年明け初戦はクイーンCの予定だったが挫跖でここにスライド。しかし2月初めからはコース、坂路併用で十分乗り込まれており仕上がりに不安はない。

 新馬では[16][14][12]から上がり34秒0で直一気。中山芝の2歳戦では、短距離千二を別とすると、この上がりは相当に優秀だ。稍重では中山GⅡ2勝馬ナカヤマナイトの未勝利勝ち(千八)の33秒9に次ぐもの。続く重賞2戦での堅実な末脚は、“さもありなん”だ。

 前走、阪神JFでは柴田善に手が戻り、折り合いに進境を見せた点にも好感が持てた。

 当時よりは相手もダウン。一気に突き抜けるとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る