外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・フラワーC】決め手上位 トーセンブレス突き抜ける

公開日:

 末脚鋭いトーセンブレスで勝負だ。

 当初、年明け初戦はクイーンCの予定だったが挫跖でここにスライド。しかし2月初めからはコース、坂路併用で十分乗り込まれており仕上がりに不安はない。

 新馬では[16][14][12]から上がり34秒0で直一気。中山芝の2歳戦では、短距離千二を別とすると、この上がりは相当に優秀だ。稍重では中山GⅡ2勝馬ナカヤマナイトの未勝利勝ち(千八)の33秒9に次ぐもの。続く重賞2戦での堅実な末脚は、“さもありなん”だ。

 前走、阪神JFでは柴田善に手が戻り、折り合いに進境を見せた点にも好感が持てた。

 当時よりは相手もダウン。一気に突き抜けるとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る