• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・フラワーC】決め手上位 トーセンブレス突き抜ける

 末脚鋭いトーセンブレスで勝負だ。

 当初、年明け初戦はクイーンCの予定だったが挫跖でここにスライド。しかし2月初めからはコース、坂路併用で十分乗り込まれており仕上がりに不安はない。

 新馬では[16][14][12]から上がり34秒0で直一気。中山芝の2歳戦では、短距離千二を別とすると、この上がりは相当に優秀だ。稍重では中山GⅡ2勝馬ナカヤマナイトの未勝利勝ち(千八)の33秒9に次ぐもの。続く重賞2戦での堅実な末脚は、“さもありなん”だ。

 前走、阪神JFでは柴田善に手が戻り、折り合いに進境を見せた点にも好感が持てた。

 当時よりは相手もダウン。一気に突き抜けるとみた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る