• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜阪神11R・阪神大賞典】クリンチャーここも突破

肉体面の強化で本格化

 クリンチャーの重賞連勝だ。

 昨年は重賞未勝利ながらも、クラシック3冠で④⑬②着。随所に存在感をアピールしていた。そして、明け4歳となった今年は始動戦でいきなり大仕事をやってのけた。

 京都記念でダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアインに、秋華賞馬ディアドラ、エリザベス女王杯馬モズカッチャンら同世代のGⅠ馬を相手に馬群から抜け出す金星である。

「3歳時は不正駈歩があったりで体力がついてなかった。でも、今年に入って緩かったトモがしっかり。調教も別馬のように動くようになったものね」とは宮本師で、能力に体が追いついてきたことでパフォーマンスが上がってきた。

 今回から新タッグを組むのは武豊。1週前追い切りで初コンタクトを取り、Cウッド6F78秒台をマーク。これでイメージは掴めたはず。能力を引き出し、重賞連勝へエスコートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る