弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【日曜阪神11R・阪神大賞典】クリンチャーここも突破

公開日:

肉体面の強化で本格化

 クリンチャーの重賞連勝だ。

 昨年は重賞未勝利ながらも、クラシック3冠で④⑬②着。随所に存在感をアピールしていた。そして、明け4歳となった今年は始動戦でいきなり大仕事をやってのけた。

 京都記念でダービー馬レイデオロ、皐月賞馬アルアインに、秋華賞馬ディアドラ、エリザベス女王杯馬モズカッチャンら同世代のGⅠ馬を相手に馬群から抜け出す金星である。

「3歳時は不正駈歩があったりで体力がついてなかった。でも、今年に入って緩かったトモがしっかり。調教も別馬のように動くようになったものね」とは宮本師で、能力に体が追いついてきたことでパフォーマンスが上がってきた。

 今回から新タッグを組むのは武豊。1週前追い切りで初コンタクトを取り、Cウッド6F78秒台をマーク。これでイメージは掴めたはず。能力を引き出し、重賞連勝へエスコートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る