• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

先週は3連単ホームラン連発 鬼穴でドリーム馬券

【日曜中山11R・スプリングS】カフジバンガード前進必至

 鬼才・橘は先週、大当たり。土曜の中山6Rで3連単30万9340円を仕留めると、日曜には中京の昇竜Sで28万120円をズバリ。勢いに乗り、今週は東西重賞でドリーム馬券獲得を目指す。

 カフジバンガードの一発だ。

 昨年暮れのこうやまき賞で2勝目をマーク。今年はクラシックを目指してシンザン記念、共同通信杯に出走した。

 結果は⑤⑤着。ともにスタートで後手を踏み、後方の位置取りになり、前を捕らえることができなかった。それでも0秒8→0秒3と着差は詰めている。

 吉田厩務員が話す。

「この前はゲート内で前かきはしていなかったんだけどな。ちょうど横を向いている時にスタート。でも、最後はよく伸びてきたよ」

 なるほど、直線はしぶとい脚を使っていた。決して悲観する内容ではない。そして、こんなコメントも。

「乗り役は“次も乗せてほしい”って。いい感触は掴んでくれたんじゃないか」

 鞍上はテン乗りだった“ファイター”内田。今回にかける意気込みは強いはずだ。

 もちろん、状態面も文句なし。

腕利き厩務員が送り出す

 先週は坂路4F52秒9―12秒4で半馬身先着。今週のCウッド3頭併せでも6F83秒4―38秒3、ラスト1F12秒0で楽々と最先着だ。

「もともとケイコで動く馬だけど、相変わらず動いていた。変わらずいい状態で出せるよ」

 松元師は来年2月いっぱいで定年。今年がラストイヤーとなる。

「最後の年。皐月賞、ダービー、クラシックには出走させたい」

 82年にはバンブーアトラスでダービー制覇。松元厩舎では02年スプリンターズS、03年高松宮記念とGⅠ2勝の名牝ビリーヴを担当。腕利きのベテランが気合を入れて送り出す。

 頭で勝負!

【日曜阪神11R・阪神大賞典】カレンミロティック復活

「10歳を感じさせない動きでしたよ。坂路では走らないタイプなのに、51秒台。しかも、しまいまでしっかりしていた」

 水曜の朝、カレンミロティックの追い切りをつけた藤懸が抜群の感触を伝えた。

 実際、タイムは4F51秒8―12秒9と優秀。調べてみると、7、8、9歳時に直前追いで52秒を切ったことはない。

 6歳の宝塚記念ではゴールドシップの②着し、7歳の天皇賞・春でもやはりゴールドの③着。そして、8歳の天皇賞・春ではキタサンブラックとたたき合いを演じて鼻差②着。超一線級の名馬と上位争いをしてきた。

 そんな歴戦の長距離ランナーが復活ムード。

10歳でも元気いっぱい

 池添とのコンビも魅力たっぷり。13年金鯱賞を勝ち、前記のGⅠ銀メダル2個を含めて〈4537〉の好相性だ。

 ますます期待が高まってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る