• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スプリングS 絶望的な位置から差し切ったマティリアルの豪脚

主戦は岡部幸雄元騎手だった(C)日刊ゲンダイ

 ボクが競馬を始めたのは87年の春。初めて見たダービーを勝ったのはメリーナイスでしたが、この時に「単枠指定」となり、1番人気だったのがマティリアルという馬でした。このマティリアルはスプリングSで驚くべき脚を見せました。いやもう、絶対に届かないって位置から差し切ったあの衝撃は、いま…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事