• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【スプリングS】レース後の談話

①着ステルヴィオ(ルメール騎手) ゴールした時は負けたと思ったんだけど、頑張ってくれたね。この馬の長所は最後にいい脚を使うところ。昨年はまだ緩さが残っていたし、マイル戦ということもあって位置が後ろになってラストに伸びても遅かった、ということが多かった。でも、緩さが取れてきょうはいいポジションを取れたよ。初めての中山でも問題なかったね。直線ではバランスのいい走りを見せてくれたし、距離があと200メートル延びても大丈夫だよ。

②着エポカドーロ(戸崎騎手) いい感じで運べましたね。馬はどっしり構えていたし、乗りやすかったですよ。最後までよく頑張ってます。

③着マイネルファンロン(柴田大騎手) 上位2頭は強かったですが、よく頑張ってくれました。ただ、コーナーが近い中山千八の外枠ということで、ポジションを取りに出して行った分、ちょっと力んでました。本番の二千でも折り合いがポイントになると思います。

④着バールドバイ(北村宏騎手) うまくスタートを出て内めをロスなく運べましたし、4角でも手応えがありました。ただ、直線はヨレた馬に進路を邪魔され気味になったのがね。着差が着差だけにというところです。

⑤着レノヴァール(北村友騎手) もう少し前で競馬したかったですが、1角では人気馬2頭を見る形に。そこでその2頭について行く作戦に切り替えました。4角では勝ち馬が荒れ馬場にもスッと反応したのに対して、こっちは足を取られてしまい、エンジンのかかりが遅くなりました。これから力がついてくればいいですね。

⑦着ゴーフォザサミット(田辺騎手) スタートは出たけど、まだ緩さが残ってますね。自分からポジションを取りに行ける馬ではないんで、あの位置からに。直線はジリジリという感じでした。もう少し力をつけないと。

⑨着ルーカス(M・デムーロ騎手) ホープフルSはある程度出して行ったんで力んでいたけど、きょうはリラックスして運べたね。大きなフットワークでいい走りができていたよ。勝負どころではクリストフ(ルメール騎手)と並んで行ければ、と思ったんだけど……。どうして伸びなかったのか、よくわからないよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事