• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪神大賞典】レース後の談話

①着レインボーライン(岩田騎手) 今年は何とかGⅠに届くようなレースをしたいと。長丁場だけに折り合いだけを頭に入れて、流れにも乗れたね。折り合いもつき、向正面では人気馬を見ながら。それらがモタモタしていたから、少し早いと思ったけど動いていった。去年より(馬が)しっかりとして、ひと回り大きくなった。順調にいってほしいね。

浅見調教師 最高にうまく乗ってくれた。使いつつ体が成長してきたこともあると思う。久々の重賞勝ち。賞金を加算できたことは大きい。

②着サトノクロニクル(川田騎手) 三千メートルでもおだやかに走ることができました。直線も自分の脚をしっかり使ってくれました。距離にメドの立つ内容だったと思います。

③着クリンチャー(武豊騎手) 1周目で引っ掛かってしまった。その分だろうね。最初のゴール地点で馬が(競馬が)終わったと勘違いしたみたい。勝負どころでは手応えも怪しかったし、よく③着に来たと思う。次で巻き返したいですね。

④着アルバート(福永騎手) ペース、展開も絶好だったけどね。“これなら”って、直線は満を持して追い出したんだ。初めてで比較はできないけど、もう少し切れると思っていたが……。

⑤着カレンミロティック(池添調教師) 折り合いは大丈夫な馬ですからね。スムーズに運べましたが、3、4角で狭くなった時にちょっと躊躇する感じに。そこから、ジリジリと伸びてくれているんですけどね。次は良くなりそうな感じ。10歳でも頑張れそう。

⑥着ヤマカツライデン(松山騎手) 自分のレースはできましたが、同型がいて展開が厳しくなりました。単騎でマイペースで運べたら違ったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事