• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【阪神大賞典】レース後の談話

①着レインボーライン(岩田騎手) 今年は何とかGⅠに届くようなレースをしたいと。長丁場だけに折り合いだけを頭に入れて、流れにも乗れたね。折り合いもつき、向正面では人気馬を見ながら。それらがモタモタしていたから、少し早いと思ったけど動いていった。去年より(馬が)しっかりとして、ひと回り大きくなった。順調にいってほしいね。

浅見調教師 最高にうまく乗ってくれた。使いつつ体が成長してきたこともあると思う。久々の重賞勝ち。賞金を加算できたことは大きい。

②着サトノクロニクル(川田騎手) 三千メートルでもおだやかに走ることができました。直線も自分の脚をしっかり使ってくれました。距離にメドの立つ内容だったと思います。

③着クリンチャー(武豊騎手) 1周目で引っ掛かってしまった。その分だろうね。最初のゴール地点で馬が(競馬が)終わったと勘違いしたみたい。勝負どころでは手応えも怪しかったし、よく③着に来たと思う。次で巻き返したいですね。

④着アルバート(福永騎手) ペース、展開も絶好だったけどね。“これなら”って、直線は満を持して追い出したんだ。初めてで比較はできないけど、もう少し切れると思っていたが……。

⑤着カレンミロティック(池添調教師) 折り合いは大丈夫な馬ですからね。スムーズに運べましたが、3、4角で狭くなった時にちょっと躊躇する感じに。そこから、ジリジリと伸びてくれているんですけどね。次は良くなりそうな感じ。10歳でも頑張れそう。

⑥着ヤマカツライデン(松山騎手) 自分のレースはできましたが、同型がいて展開が厳しくなりました。単騎でマイペースで運べたら違ったと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る