弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜阪神11R・毎日杯】ブラストワンピース抜け出す

公開日:

 長い直線に、ゴール前では急坂が待ち受ける阪神外回りの千八戦。スピード、瞬発力だけでは乗り切れない、総合力を問われる舞台だ。10頭立てと頭数こそ寂しくなったが、将来性豊かな素質馬が集まった。

 そんな中、本命視は関東馬のブラストワンピース。前走のゆりかもめ賞がまさしく圧勝だった。

 縦長の展開でいつでも外へ持ち出せるチャンスもあったが、あえて馬群に突っ込む立ち回り。馬群も器用にさばいてみせて残り1Fで先頭へ。勢いそのままに4馬身差をつけた。見た目のインパクトも凄いが、ゴール前の3Fが11秒9―11秒8―11秒7の加速ラップで駆け抜けたのだから、他馬はお手上げである。

 GⅠの大舞台をイメージできる走り。関西遠征、右回りの初モノも難なく突破してみせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る