外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・日経賞】機は熟した トーセンバジル重賞初V

公開日:

 先週終了時点で23勝。快進撃が続く藤原英厩舎に注目だ。

 重賞でも〈2216〉と中身充実。先週もミスターメロディ=ファルコンS①着、エポカドーロ=スプリングS②着と存在感を示した。今回の◎トーセンバジルもチャンス十分である。

 3歳時はクラシックのTR重賞で⑤④③着止まり。素質に体力が追い付いてない印象だったが、4歳時に条件戦を3連勝して着実にステップアップ。5歳の昨年も重賞へチャレンジを重ね、地力強化に努めてきた。

 その成果は前走を見ての通り。GⅠ香港ヴァーズで世界の一線級相手に③着健闘なら、国内タイトルゲットの機は熟した。

 直前追いは派手に3馬身半先着と仕上がり万全。今年初戦をV発進だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る