【高松宮記念】困った時は2枠から!?

公開日:

 JRAで行われている芝千二のGⅠはこの高松宮記念と、秋のスプリンターズS。96年フラワーパーク、01年トロットスター、09年ローレルゲレイロ、13年ロードカナロアは春秋連覇を果たし、ビリーヴ、カレンチャンはスプリンターズS→高松宮記念と秋春の順で勝利。当然、この2つのレースは結びつきが強い。

 しかし、両レースで全く違う点がひとつある。それは「2枠」の強さ、弱さだ。

 スプリンターズSは90年にGⅠに昇格。これまで延べ51頭が黒帽を引いて〈07539〉、勝ち馬ゼロだ。内めの枠は有利に思えるが、実は意外なほど不振。昨年は3番人気セイウンコウセイが⑪着に敗れている。

 では、高松宮記念はどうか。

 こちらがGⅠになったのは96年(97年までは高松宮杯の名称で施行)。2枠は97年にシンコウキング=6人が勝ち、99年にはマサラッキ=8人が①着、シンコウフォレスト=9人が③着。ともに人気薄ながら馬券に絡んでいる。

 その後も04年サニングデール=2人、08年ファイングレイン=4人、11年キンシャサノキセキ=3人、15年エアロヴェロシティ=4人、16年ビッグアーサー=1人が制し、トータル7勝。もちろん、これは枠別の最多勝利だ。

「宮記念、困った時は2枠から」。覚えておいて損はないかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る