• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【高松宮記念】昨年②着馬が目標通りの仕上げ レッツゴードンキ決める

 本命はレッツゴードンキだ。

 昨年はスプリントGⅠで連続②着。高松宮記念、スプリンターズSともにラチ沿いの強襲で主役を食うかの走りだった。あと一歩、勝ち切れなかったが、まぎれもなくスプリント界ではトップクラスの実力馬である。

 今年こそ主役へ――。

 その思いを胸に始動戦に選んだのはフェブラリーS。並み居るダートの猛者を相手に馬群をこじ開けて⑤着に追い込んできた。

 それも「香港遠征で減った馬体を回復しながらの仕上げ」と梅田師。阪急杯の予定を1週前倒ししての出走で、なおかつ不慣れなダートGⅠの大舞台でも格好をつけた。6歳にして、さらに成長していると考えていいだろう。

 今回は春の大目標のレース。始動戦を1週早めたことでローテーションにも余裕ができて、1週前には自己ベストを0秒5も短縮する坂路4F49秒2をマーク。水曜坂路も雨で悪化した中で楽に4F53秒2、1F12秒8でフィニッシュ。GⅠ制覇へ目標通りに体調を上げてきた。

「ひとたたきした上積みもあるし、今回は千二の芝。条件はウンと良くなる。あとは勝ち運だけやね」
 師の表情もやけに明るかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る