• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【高松宮記念】昨年②着馬が目標通りの仕上げ レッツゴードンキ決める

 本命はレッツゴードンキだ。

 昨年はスプリントGⅠで連続②着。高松宮記念、スプリンターズSともにラチ沿いの強襲で主役を食うかの走りだった。あと一歩、勝ち切れなかったが、まぎれもなくスプリント界ではトップクラスの実力馬である。

 今年こそ主役へ――。

 その思いを胸に始動戦に選んだのはフェブラリーS。並み居るダートの猛者を相手に馬群をこじ開けて⑤着に追い込んできた。

 それも「香港遠征で減った馬体を回復しながらの仕上げ」と梅田師。阪急杯の予定を1週前倒ししての出走で、なおかつ不慣れなダートGⅠの大舞台でも格好をつけた。6歳にして、さらに成長していると考えていいだろう。

 今回は春の大目標のレース。始動戦を1週早めたことでローテーションにも余裕ができて、1週前には自己ベストを0秒5も短縮する坂路4F49秒2をマーク。水曜坂路も雨で悪化した中で楽に4F53秒2、1F12秒8でフィニッシュ。GⅠ制覇へ目標通りに体調を上げてきた。

「ひとたたきした上積みもあるし、今回は千二の芝。条件はウンと良くなる。あとは勝ち運だけやね」
 師の表情もやけに明るかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る