弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【高松宮記念】昨年②着馬が目標通りの仕上げ レッツゴードンキ決める

公開日:

 本命はレッツゴードンキだ。

 昨年はスプリントGⅠで連続②着。高松宮記念、スプリンターズSともにラチ沿いの強襲で主役を食うかの走りだった。あと一歩、勝ち切れなかったが、まぎれもなくスプリント界ではトップクラスの実力馬である。

 今年こそ主役へ――。

 その思いを胸に始動戦に選んだのはフェブラリーS。並み居るダートの猛者を相手に馬群をこじ開けて⑤着に追い込んできた。

 それも「香港遠征で減った馬体を回復しながらの仕上げ」と梅田師。阪急杯の予定を1週前倒ししての出走で、なおかつ不慣れなダートGⅠの大舞台でも格好をつけた。6歳にして、さらに成長していると考えていいだろう。

 今回は春の大目標のレース。始動戦を1週早めたことでローテーションにも余裕ができて、1週前には自己ベストを0秒5も短縮する坂路4F49秒2をマーク。水曜坂路も雨で悪化した中で楽に4F53秒2、1F12秒8でフィニッシュ。GⅠ制覇へ目標通りに体調を上げてきた。

「ひとたたきした上積みもあるし、今回は千二の芝。条件はウンと良くなる。あとは勝ち運だけやね」
 師の表情もやけに明るかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

もっと見る