外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【日曜中山11R・マーチS】クインズサターン突き抜ける

公開日:

末脚強化

 ◎はクインズサターンだ。昨秋にオープン入りしてから4戦を消化。持ち味の末脚はGⅢハンデ戦なら十分足りるまでにレベルアップしてきた。

 昨年のGⅢ武蔵野S、師走Sは後方から差を詰める程度だったが、年明け2戦は展開を加味すれば高く評価できる。

 GⅡ東海S⑤着は外枠からいったん下げたこともあり、4角では置かれた後方。そこから③着と0秒1差まで押し上げてくれば悪くない。また、総武Sでは完全な前残り決着を、[11][13][10]の大外からメンバー最速の脚で③着に割って入ってきた。

 当時から1キロ減の55キロで破壊力はさらに威力を増すはずだし、ハイランドピーク、ディアデルレイら逃げ、先行馬多数で今回は展開も真逆だ。

 差し有利の流れに乗って直一気を決める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る