• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【高松宮記念】ファインニードル新短距離王だ

たたき2走目で充実一途

 本命はファインニードルだ。

 前哨戦のGⅢシルクロードSは、昨年の覇者セイウンコウセイに2馬身差をつける圧勝劇。4カ月ぶり、18キロ増でこのパフォーマンスは、5歳にして本格化したことを示している。

 昨秋も前哨戦GⅡセントウルS勝ちからGⅠスプリンターズSに臨んだが、結果は⑫着惨敗だった。これはスタートで挟まり、終始外を回るきつい展開になったこと以上に、ローテーションの厳しさも大きく影響していたはずだ。5月の復帰から夏場も使って6戦目での大一番。さすがにその時点で余力が残っていなかった。

 その点、2度目のGⅠ挑戦となる今回は、余裕残しの前走をたたいての本番である。

 1週前には鞍上を背にビッシリ追われて、Cウッド6F78秒1―37秒0の自己ベストをマーク。直前の坂路も重い馬場をうなるような勢いで駆け上がってきた。詰まった間隔で微調整しかできなかった昨秋のGⅠとは、調教過程も全く違う。

 目下の目覚ましい充実ぶりに加え、さらに上昇度があれば、久々の左回りもクリアできるはず。正攻法から堂々と抜け出して新短距離王に君臨する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る