外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【高松宮記念】ファインニードル新短距離王だ

公開日:

たたき2走目で充実一途

 本命はファインニードルだ。

 前哨戦のGⅢシルクロードSは、昨年の覇者セイウンコウセイに2馬身差をつける圧勝劇。4カ月ぶり、18キロ増でこのパフォーマンスは、5歳にして本格化したことを示している。

 昨秋も前哨戦GⅡセントウルS勝ちからGⅠスプリンターズSに臨んだが、結果は⑫着惨敗だった。これはスタートで挟まり、終始外を回るきつい展開になったこと以上に、ローテーションの厳しさも大きく影響していたはずだ。5月の復帰から夏場も使って6戦目での大一番。さすがにその時点で余力が残っていなかった。

 その点、2度目のGⅠ挑戦となる今回は、余裕残しの前走をたたいての本番である。

 1週前には鞍上を背にビッシリ追われて、Cウッド6F78秒1―37秒0の自己ベストをマーク。直前の坂路も重い馬場をうなるような勢いで駆け上がってきた。詰まった間隔で微調整しかできなかった昨秋のGⅠとは、調教過程も全く違う。

 目下の目覚ましい充実ぶりに加え、さらに上昇度があれば、久々の左回りもクリアできるはず。正攻法から堂々と抜け出して新短距離王に君臨する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

もっと見る