弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【高松宮記念】仕上がりに自信!レッツゴードンキ◎

公開日:

 レッツゴードンキが勝つ。

 昨年は高松宮記念、スプリンターズSでともに②着。いずれもイン強襲でタイトルにあと一歩のところまで迫った。

「去年の高松宮記念は具合も良かった。でも、それ以外は満足できる状態じゃなかった」とは担当の寺田助手。詳しく聞くと「スプリンターズSは疲れが抜け切らなくて、不安しかなかった。香港はカイ食いが落ちたし、前走のフェブラリーSは減った馬体を戻しつつの調整」という。

 そんな状態でGⅠ3戦を②⑥⑤着だから、あらためて地力の高さが分かる。

 今回は違う。レース後の馬体細化もなく、GⅠ制覇へ攻めの調整を貫いた。1週前の坂路で4F49秒2の自己ベストをマークしたのだから、6歳にして完成の域に達してきたとみていい。

「ホント、これだけいい状態でGⅠに臨めるのは1年ぶりかも。あとは運があれば」

 その運も味方につけた。枠順抽選会では前原助手が希望通りの4枠8番をゲット。流れは間違いなくレッツゴードンキのGⅠ制覇へ傾いている。

 最大のライバルは、やはりレッドファルクスだ。差し遅れた阪急杯でも小差③着。得意の中京で怖さが増してくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る