【高松宮記念】STOPデム・ルメは川田か

公開日:

 ファインニードルの鞍上・川田はこの勝利が今年の重賞4勝目。GⅠは通算11勝目となった。

 4週連続GⅠの初っパナで幸先のいいスタートを切ったわけだが、この春はとにかく楽しみな駒が揃っているのだ。

 まず、今週の大阪杯では京都記念②着のアルアイン、牝馬1冠目の桜花賞では阪神JF②着→チューリップ賞③着のリリーノーブルがスタンバイ。そして、皐月賞には大本命のダノンプレミアムが待っている。

 さらに、1週おいて天皇賞(春)でも、阪神大賞典②着のサトノクロニクルに騎乗予定だ。

 昨年のGⅠはM・デムーロ、ルメールの2人だけで10勝。短期免許のジョッキーも合わせると、外国人だけで実に13勝も挙げていた。

 そんな昨今の状況を一気に打ち破りそうなのが今春の川田。JRA生え抜きの意地を見せるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る