【高松宮記念】断然の1番人気レッドファルクス不発の⑧着

公開日:

以前よりもテンに行けなくなった!?

 1番人気に推された最優秀短距離馬レッドファルクスは⑧着まで。国内スプリントGⅠの完全制覇はならなかった。

 昨年は香港スプリント⑫着からぶっつけで③着に惜敗。ベスト舞台の左回り千二で取りこぼした悔しさを、陣営も噛みしめていた。それだけに、今年は休み明けの阪急杯をひとたたきする理想的なローテで、昨年の雪辱に挑むことに。

 前走で増えていた分がマイナス6キロときっちり絞れて、万全の態勢でゲートイン。しかし、誤算だったのがスタート直後の攻防だ。

「全然、進んでいかなかった」とレース後のM・デムーロ。外からレッツゴードンキ、ダンスディレクターに次々と前へ入られて、後方2番手の厳しいポジションになってしまった。

 きのうの中京の芝は前残り頻発の特殊な馬場。この時点で、ほぼ絶望的な位置取りといえよう。

 さらに、直線では思い切ってインを突こうとしたが、前があかずに外へ切り替える場面も。進路を探しながらゴール前で差を詰めてきたものの、万事休す。

 前走の阪急杯もテンに行けずに[12][15][15]から。昨年の高松宮記念が[8][8][6]だったことをみても、明らかに以前よりも行きっぷりが悪くなっている。このあたり、7歳という年齢的なものもあるのだろう。

 果たして、どう対策を講じてくるか――。復権に向けて、陣営の次の一手に注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る