【高松宮記念】断然の1番人気レッドファルクス不発の⑧着

公開日:

以前よりもテンに行けなくなった!?

 1番人気に推された最優秀短距離馬レッドファルクスは⑧着まで。国内スプリントGⅠの完全制覇はならなかった。

 昨年は香港スプリント⑫着からぶっつけで③着に惜敗。ベスト舞台の左回り千二で取りこぼした悔しさを、陣営も噛みしめていた。それだけに、今年は休み明けの阪急杯をひとたたきする理想的なローテで、昨年の雪辱に挑むことに。

 前走で増えていた分がマイナス6キロときっちり絞れて、万全の態勢でゲートイン。しかし、誤算だったのがスタート直後の攻防だ。

「全然、進んでいかなかった」とレース後のM・デムーロ。外からレッツゴードンキ、ダンスディレクターに次々と前へ入られて、後方2番手の厳しいポジションになってしまった。

 きのうの中京の芝は前残り頻発の特殊な馬場。この時点で、ほぼ絶望的な位置取りといえよう。

 さらに、直線では思い切ってインを突こうとしたが、前があかずに外へ切り替える場面も。進路を探しながらゴール前で差を詰めてきたものの、万事休す。

 前走の阪急杯もテンに行けずに[12][15][15]から。昨年の高松宮記念が[8][8][6]だったことをみても、明らかに以前よりも行きっぷりが悪くなっている。このあたり、7歳という年齢的なものもあるのだろう。

 果たして、どう対策を講じてくるか――。復権に向けて、陣営の次の一手に注目したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る