【マーチS】センチュリオンが鼻差勝ち

公開日:

レース後の談話

①着センチュリオン(幸騎手) 初めての騎乗でしたが、すごく乗りやすかったですね。ゲートをスッと出ていいポジションで運べたし、追ってからもしっかり伸びてくれましたよ。前を射程圏に入れつつ、後ろも気にしながらでしたが、自分は何もしてません(笑い)。現状では何も言うことはありませんね。力をつけているようだし、これからも楽しみですよ。

②着クインズサターン(津村騎手) きょうはいつもよりテンに出して行きました。内からスルスルと上がって行けたし、直線ではやったかと思ったんですけどね。動いていった分、最後は少し甘くなってしまったけど、これからはこういう競馬もしていかないとね。

③着ロワジャルダン(荒山調教師) 中央の重賞ではいつもより2段階ぐらいギアを上げて馬をつくらないといけないんでね。きっちり仕上げたつもりだったし、22キロ減も細くは見せませんでしたよ。中山千八はオール連対の馬。きょうはコース適性の高さを見せてくれました。

④着アルタイル(田中勝騎手) スタートが決まったし、集中力のあるいい走りだったよ。ただ、本当は前を壁にして脚をためたかった。結果的に外からすんなり行きすぎたね。

⑤着コスモカナディアン(柴田大騎手) 枠順がよかったですね。前走は外、外を回って伸びを欠きましたが、今回はうまく内に潜り込むことができました。馬混みでしっかり押さえて運べば、脚がたまるんですよ。最後はいい伸びでした。

1番人気ハイランドピークは「返し馬からトモが入ってこなかった」(土田師)

⑨着ハイランドピーク(土田調教師) 返し馬からトモが入ってこなかったようだし、スタートも悪かったんで、出たなりであの位置からに。それでもラストはいい脚を使っていたように頑張っていたと思う。この後は様子を見ながら立て直していきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る