新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイゴールデンシャヒーン】ロイエイチ断然の主役

公開日:

 前哨戦が行われた3月10日の“スーパーサタデー”。芝でもそうだったが、ダートは千二をはじめ、レコードが2つ更新された。本番も速い時計のイメージだ。

 ダートの高速決着といえば、まさに米国のレースパターンだから、米国馬に分あり。ロイエイチが断然の主役を務める。

 当初は“並”の馬だった。ところが、去勢されてから一気に成績上昇の遅咲きタイプ。5歳の昨年は6戦5勝、BCスプリントは最後、流しながら完勝。米最優秀牡馬スプリンターに輝いた。

 今年の始動戦も3馬身半差の圧勝だった。日本流にいえば、ひとたたきした上積みもあるだけに負けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る