新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイターフ】ベンバトル妙味たっぷり

公開日:

 日本馬が大挙5頭出走し、前評判も高い。JRA発売オッズでは“応援”分の投票も入るだろう。それなら、逆に馬券がおいしいベンバトルで勝負する。

 ゴドルフィン専属のビン・スルール師の管理馬で、当初はイギリスを主戦場にしていた。それが、年明けからメイダンで3戦、それも今回と同じ千八芝で①①②着だ。

 前走のジェベルハッタで連勝は止まった。とはいえ、11頭立ての10番。しかも超のつく高速馬場で終始、外回りの競馬だった。そこをイン差しされたもので、いわば展開のアヤ。コース適性の高さを疑う余地はない。

 今度は15頭立てで5番枠。これならロスのない競馬ができる。海外ブックメーカーでは1番人気の支持のところもありながら、日本では妙味たっぷり。狙い撃ちといく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る