• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイターフ】ベンバトル妙味たっぷり

 日本馬が大挙5頭出走し、前評判も高い。JRA発売オッズでは“応援”分の投票も入るだろう。それなら、逆に馬券がおいしいベンバトルで勝負する。

 ゴドルフィン専属のビン・スルール師の管理馬で、当初はイギリスを主戦場にしていた。それが、年明けからメイダンで3戦、それも今回と同じ千八芝で①①②着だ。

 前走のジェベルハッタで連勝は止まった。とはいえ、11頭立ての10番。しかも超のつく高速馬場で終始、外回りの競馬だった。そこをイン差しされたもので、いわば展開のアヤ。コース適性の高さを疑う余地はない。

 今度は15頭立てで5番枠。これならロスのない競馬ができる。海外ブックメーカーでは1番人気の支持のところもありながら、日本では妙味たっぷり。狙い撃ちといく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る