新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイターフ】ベンバトル妙味たっぷり

公開日:

 日本馬が大挙5頭出走し、前評判も高い。JRA発売オッズでは“応援”分の投票も入るだろう。それなら、逆に馬券がおいしいベンバトルで勝負する。

 ゴドルフィン専属のビン・スルール師の管理馬で、当初はイギリスを主戦場にしていた。それが、年明けからメイダンで3戦、それも今回と同じ千八芝で①①②着だ。

 前走のジェベルハッタで連勝は止まった。とはいえ、11頭立ての10番。しかも超のつく高速馬場で終始、外回りの競馬だった。そこをイン差しされたもので、いわば展開のアヤ。コース適性の高さを疑う余地はない。

 今度は15頭立てで5番枠。これならロスのない競馬ができる。海外ブックメーカーでは1番人気の支持のところもありながら、日本では妙味たっぷり。狙い撃ちといく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る