• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイターフ】ベンバトル妙味たっぷり

 日本馬が大挙5頭出走し、前評判も高い。JRA発売オッズでは“応援”分の投票も入るだろう。それなら、逆に馬券がおいしいベンバトルで勝負する。

 ゴドルフィン専属のビン・スルール師の管理馬で、当初はイギリスを主戦場にしていた。それが、年明けからメイダンで3戦、それも今回と同じ千八芝で①①②着だ。

 前走のジェベルハッタで連勝は止まった。とはいえ、11頭立ての10番。しかも超のつく高速馬場で終始、外回りの競馬だった。そこをイン差しされたもので、いわば展開のアヤ。コース適性の高さを疑う余地はない。

 今度は15頭立てで5番枠。これならロスのない競馬ができる。海外ブックメーカーでは1番人気の支持のところもありながら、日本では妙味たっぷり。狙い撃ちといく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る