• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイシーマクラシック】〝天才〟で能力全開 ポエッツワード◎

投稿日:

 ポエッツワードが巻き返す。

 GⅠに手が届いていい地力はつけている。昨年は8月の英GⅢグロリアスSで重賞初制覇、そして、秋は2、3走前にGⅠで連続②着。それも愛チャンピオンS、英チャンピオンSと欧州GⅠでも“本流”でのものだ。

 それを思えば、香港C⑥着が物足りないが、タイムワープが逃げ切るスローな中、大外発進。4角も一番アウトを回る雑な競馬になっていたのが敗因だろう。

 その点、今回はデットーリが手綱を取ることに。当初、参戦が噂されていたお手馬クラックスマンが回避し、“天才”とのコンビが実現した運は見逃せない。

 うまく流れに乗ってレース展開に合わせ、ベストなタイミングでの仕掛け出し。100%の力を引き出せば、大望がかなっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る