新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイシーマクラシック】〝天才〟で能力全開 ポエッツワード◎

公開日:

 ポエッツワードが巻き返す。

 GⅠに手が届いていい地力はつけている。昨年は8月の英GⅢグロリアスSで重賞初制覇、そして、秋は2、3走前にGⅠで連続②着。それも愛チャンピオンS、英チャンピオンSと欧州GⅠでも“本流”でのものだ。

 それを思えば、香港C⑥着が物足りないが、タイムワープが逃げ切るスローな中、大外発進。4角も一番アウトを回る雑な競馬になっていたのが敗因だろう。

 その点、今回はデットーリが手綱を取ることに。当初、参戦が噂されていたお手馬クラックスマンが回避し、“天才”とのコンビが実現した運は見逃せない。

 うまく流れに乗ってレース展開に合わせ、ベストなタイミングでの仕掛け出し。100%の力を引き出せば、大望がかなっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る