新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイシーマクラシック】〝天才〟で能力全開 ポエッツワード◎

公開日:

 ポエッツワードが巻き返す。

 GⅠに手が届いていい地力はつけている。昨年は8月の英GⅢグロリアスSで重賞初制覇、そして、秋は2、3走前にGⅠで連続②着。それも愛チャンピオンS、英チャンピオンSと欧州GⅠでも“本流”でのものだ。

 それを思えば、香港C⑥着が物足りないが、タイムワープが逃げ切るスローな中、大外発進。4角も一番アウトを回る雑な競馬になっていたのが敗因だろう。

 その点、今回はデットーリが手綱を取ることに。当初、参戦が噂されていたお手馬クラックスマンが回避し、“天才”とのコンビが実現した運は見逃せない。

 うまく流れに乗ってレース展開に合わせ、ベストなタイミングでの仕掛け出し。100%の力を引き出せば、大望がかなっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  6. 6

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  7. 7

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  8. 8

    石原さとみ結婚or破局? 報道が“真っ二つ”に分かれるワケ

  9. 9

    専門家が解説 空き家処分で悩んだら「3つの選択肢」から

  10. 10

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

もっと見る