• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイワールドC】今年も米国馬だ! ウエストコースト敵なし

 メイダン競馬場になった当初はオールウェザー。ヴィクトワールピサ、トランセンドの上位独占や、欧州馬などが活躍したことも。しかし、ダート変更となった15年以降はとにかく米国馬の“庭”だ。前3年は③着内の9頭中7頭がそう。昨年は①~③着を独占した。
 今年の米国馬の大将格、ウエストコーストも信頼できる。

 一昨年のこのレースを制したカリフォルニアクローム、昨年の勝ち馬アロゲート、さらに②着ガンランナーに続く、米国エースホースがこの馬。

 3歳の昨シーズンは3月オプショナルクレーミングから準重賞イージーゴアS、GⅢロスアラミトスダービーと完勝、トラヴァーズS、ペンシルベニアダービーとGⅠ連勝へつなげた。それも全く危なげない勝ちっぷり。ペンシルベニアダービーなど、7馬身4分の1差もつけたほどだ。

 古馬相手の前2走は③②着。それでも、これが成長期ということか。BCクラシックでは明らかに完敗だったガンランナー相手に、前走のペガサスワールドCでは負かしにいって見せ場ありの②着だった。レース内容は大きく前進し、③着以下は千切っていたから高く評価したい。

 ガンランナーはその前走で引退。すでに現時点で米国トップの存在で、ここは強力ライバルもいない。普通に走ってくれば、結果もついてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る