新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイワールドC】今年も米国馬だ! ウエストコースト敵なし

公開日:

 メイダン競馬場になった当初はオールウェザー。ヴィクトワールピサ、トランセンドの上位独占や、欧州馬などが活躍したことも。しかし、ダート変更となった15年以降はとにかく米国馬の“庭”だ。前3年は③着内の9頭中7頭がそう。昨年は①~③着を独占した。
 今年の米国馬の大将格、ウエストコーストも信頼できる。

 一昨年のこのレースを制したカリフォルニアクローム、昨年の勝ち馬アロゲート、さらに②着ガンランナーに続く、米国エースホースがこの馬。

 3歳の昨シーズンは3月オプショナルクレーミングから準重賞イージーゴアS、GⅢロスアラミトスダービーと完勝、トラヴァーズS、ペンシルベニアダービーとGⅠ連勝へつなげた。それも全く危なげない勝ちっぷり。ペンシルベニアダービーなど、7馬身4分の1差もつけたほどだ。

 古馬相手の前2走は③②着。それでも、これが成長期ということか。BCクラシックでは明らかに完敗だったガンランナー相手に、前走のペガサスワールドCでは負かしにいって見せ場ありの②着だった。レース内容は大きく前進し、③着以下は千切っていたから高く評価したい。

 ガンランナーはその前走で引退。すでに現時点で米国トップの存在で、ここは強力ライバルもいない。普通に走ってくれば、結果もついてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る