• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【新谷・ドバイワールドC】今年も米国馬だ! ウエストコースト敵なし

投稿日:

 メイダン競馬場になった当初はオールウェザー。ヴィクトワールピサ、トランセンドの上位独占や、欧州馬などが活躍したことも。しかし、ダート変更となった15年以降はとにかく米国馬の“庭”だ。前3年は③着内の9頭中7頭がそう。昨年は①~③着を独占した。
 今年の米国馬の大将格、ウエストコーストも信頼できる。

 一昨年のこのレースを制したカリフォルニアクローム、昨年の勝ち馬アロゲート、さらに②着ガンランナーに続く、米国エースホースがこの馬。

 3歳の昨シーズンは3月オプショナルクレーミングから準重賞イージーゴアS、GⅢロスアラミトスダービーと完勝、トラヴァーズS、ペンシルベニアダービーとGⅠ連勝へつなげた。それも全く危なげない勝ちっぷり。ペンシルベニアダービーなど、7馬身4分の1差もつけたほどだ。

 古馬相手の前2走は③②着。それでも、これが成長期ということか。BCクラシックでは明らかに完敗だったガンランナー相手に、前走のペガサスワールドCでは負かしにいって見せ場ありの②着だった。レース内容は大きく前進し、③着以下は千切っていたから高く評価したい。

 ガンランナーはその前走で引退。すでに現時点で米国トップの存在で、ここは強力ライバルもいない。普通に走ってくれば、結果もついてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  10. 10

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

もっと見る