• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・ダービー卿CT】穴馬テオドール流れ込む

距離短縮で絶好の狙い目

 久々のマイル起用は魅力たっぷり、テオドールの一発だ。折り合いが難しいタイプだけに、距離短縮はプラス材料となる。

 昨春に一千万下を連勝。馬自身の充実とともにその馬力のコントロールも難しくなってきた。

 準オープンからの前4戦は、千八をハイペースで飛ばして②①着。1F長い二千では何とかなだめて運んでも⑥⑤着止まりで、距離の限界を示す戦績だ。

 ちなみに千八での前4、2走は前半5Fが57秒4、58秒7。相当な激流でも連対を確保できるスピードは、マイルなら強力な武器になる。

 中間は2カ月弱、間隔をあけてしっかり充電。ケイコでもうなるほどの勢いでデキは絶好だ。ハンデも54キロと手頃。流れ込みに期待した。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る