外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・ダービー卿CT】穴馬テオドール流れ込む

公開日:

距離短縮で絶好の狙い目

 久々のマイル起用は魅力たっぷり、テオドールの一発だ。折り合いが難しいタイプだけに、距離短縮はプラス材料となる。

 昨春に一千万下を連勝。馬自身の充実とともにその馬力のコントロールも難しくなってきた。

 準オープンからの前4戦は、千八をハイペースで飛ばして②①着。1F長い二千では何とかなだめて運んでも⑥⑤着止まりで、距離の限界を示す戦績だ。

 ちなみに千八での前4、2走は前半5Fが57秒4、58秒7。相当な激流でも連対を確保できるスピードは、マイルなら強力な武器になる。

 中間は2カ月弱、間隔をあけてしっかり充電。ケイコでもうなるほどの勢いでデキは絶好だ。ハンデも54キロと手頃。流れ込みに期待した。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る