• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【武田・ドバイゴールデンシャヒーン】ロイエイチの相手探し

 地元ドバイ組がかなり手薄で、日本のマテラスカイも準オープンを卒業したばかり。今度は自分の競馬をするのは難しいに違いない。

 このレースの国際レーティングはロイエイチ=122、マインドユアビスケッツ=120で、3位がエックスワイジェット、マイキャッチ=112。つまり、米国の2頭が頭ひとつ、いや、3つぐらい抜けている。

 本命はロイエイチ。昨秋はGⅠで2戦続けて千二1分8秒6の時計で勝ったバリバリのダートスプリンター。たたき台と思える前走のGⅢも楽勝し、盤石の構えだ。

 ロイエイチが早く仕掛けるか、前をかわいがるかが相手のポイント。

 差しが決まればマインドユアビスケッツ。前残りなら、とにかくテンが速いエックスワイジェット。狂っても前走圧勝が初ダートだったジョーダンスポートまで押さえておけば大丈夫だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事