• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【武田・ドバイターフ】ステイゴールド産駒クロコスミアで高配当ゲット

 ステイゴールドは01年のGⅡドバイシーマクラシック、GⅠ香港ヴァーズと海外で2戦2勝。その血は産駒にも受け継がれて、オルフェーヴル、ナカヤマフェスタが凱旋門賞で②着した。遠征のハンデをモノともしない精神面の強さを感じさせる。

 日本馬5頭の中で最も人気薄、ステイ産駒のクロコスミアで穴狙いだ。

 前走の京都記念では逃げて⑧着に敗れたが、昨夏には函館千八でレコードをマークしたようにスピードの持続が身上。休み明けでもあり、この敗戦はオミットしていい。

 3走前、同じ千八の府中牝馬Sでは昨年のこのドバイターフを制したヴィブロスの追撃を封じて逃げ切り勝ち。ならば、左回り千八のこのレースはベストに違いない。

 これといった同型のいないメンバー構成で、先行有利の高速馬場も味方になる。強気の押し切りに期待した。

 相手も日本馬でリアルスティール、ヴィブロス、ネオリアリズム。外国馬では前哨戦のジェベルハッタが“負けて強し”のベンバトル、上昇度が魅力のブレアハウスなど、手広く買ってみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る