武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【武田・ドバイシーマクラシック】モズカッチャン末脚生きる

公開日:

“スーパーサタデー”に行われた前哨戦のドバイシティオブゴールドはホークビルが2分26秒85のレコード勝ち。今年の芝は例年よりも硬く、時計が出やすい。これは欧州馬より、日本勢に有利と言える。

 ◎モズカッチャン。日本の“強い4歳牝馬”の一頭で、昨秋はエ女王杯で古馬を倒した実績馬だ。この時のラスト3Fは11秒6―11秒2―11秒6という瞬発力勝負。今回も同じように最後の末脚比べが予想され、この経験を重視した。

 前走の京都記念の内容もいい。結果は④着に終わったが、敢然と馬場の悪い内に突っ込み、一瞬は“勝ったか”と思わせたほど見せ場たっぷり。レイデオロ、サトノクラウンより実績は下でも、切れ味は2頭をしのぐものがある。デムーロ兄弟のリレーなら、意思伝達もスムーズ。乗り替わりの心配はない。

 ○はレイデオロで、▲は凱旋門賞②着のクロスオブスターズ。今年の欧州勢は大寒波のために調整が遅れた馬が多い中、ダルシャーン賞をたたいて調子を上げてきた点には好感が持てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る