• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【大阪杯】ミッキースワロー末脚炸裂

まさしく勝負仕上げ

 ◎はミッキースワローだ。

 好素材が揃った今年の4歳馬。その中で決め脚の鋭さではミッキーが間違いなく一番。とりわけ昨秋のセントライト記念は衝撃の末脚だった。

 ラスト2Fのレースラップは11秒3―11秒0の瞬発力勝負。それを4角6番手から差し切ったのだ。おそらく自身は10秒台を連発していたか。急坂の中山二千二百を走って、こんなに切れる馬もまずいない。

 直後に臨んだ菊花賞は見せ場をつくったが、この結果を踏まえ、陣営は中距離がベストと判断したのだろう。今春は大阪杯を最大目標にしてきた。もちろん、勝つための準備はできている。

 年明けのアメリカJCCをひとたたき。ここで途中追い上げの競馬を経験させると、中間は調教トーンが上がる。前2週は横山典が騎乗しての併走追い。はっきり仕上げに濃淡をつけ、まさしく勝負仕上げだ。

 舞台の阪神二千は内回りで中山に似たコース形態。反応早く、鋭い決め手が要求される。切れに切れる末脚、最高の仕上げでトップホースに仲間入りする。

 馬券は単勝、馬連、オッズ相談でワイドにも手を出したいが、勝負は3連単だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る