薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【大阪杯】ミッキースワロー末脚炸裂

公開日:

まさしく勝負仕上げ

 ◎はミッキースワローだ。

 好素材が揃った今年の4歳馬。その中で決め脚の鋭さではミッキーが間違いなく一番。とりわけ昨秋のセントライト記念は衝撃の末脚だった。

 ラスト2Fのレースラップは11秒3―11秒0の瞬発力勝負。それを4角6番手から差し切ったのだ。おそらく自身は10秒台を連発していたか。急坂の中山二千二百を走って、こんなに切れる馬もまずいない。

 直後に臨んだ菊花賞は見せ場をつくったが、この結果を踏まえ、陣営は中距離がベストと判断したのだろう。今春は大阪杯を最大目標にしてきた。もちろん、勝つための準備はできている。

 年明けのアメリカJCCをひとたたき。ここで途中追い上げの競馬を経験させると、中間は調教トーンが上がる。前2週は横山典が騎乗しての併走追い。はっきり仕上げに濃淡をつけ、まさしく勝負仕上げだ。

 舞台の阪神二千は内回りで中山に似たコース形態。反応早く、鋭い決め手が要求される。切れに切れる末脚、最高の仕上げでトップホースに仲間入りする。

 馬券は単勝、馬連、オッズ相談でワイドにも手を出したいが、勝負は3連単だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  5. 5

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  6. 6

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

もっと見る