• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
薮中泰人
著者のコラム一覧
薮中泰人

競馬予想家としてこの道40年オーバー。そのうち、本紙予想は30年以上も経験。ゲンダイ競馬ファンにはお馴染みの西の重鎮で、馬を見る目は今もなお冴えわたっている。

【大阪杯】ミッキースワロー末脚炸裂

まさしく勝負仕上げ

 ◎はミッキースワローだ。

 好素材が揃った今年の4歳馬。その中で決め脚の鋭さではミッキーが間違いなく一番。とりわけ昨秋のセントライト記念は衝撃の末脚だった。

 ラスト2Fのレースラップは11秒3―11秒0の瞬発力勝負。それを4角6番手から差し切ったのだ。おそらく自身は10秒台を連発していたか。急坂の中山二千二百を走って、こんなに切れる馬もまずいない。

 直後に臨んだ菊花賞は見せ場をつくったが、この結果を踏まえ、陣営は中距離がベストと判断したのだろう。今春は大阪杯を最大目標にしてきた。もちろん、勝つための準備はできている。

 年明けのアメリカJCCをひとたたき。ここで途中追い上げの競馬を経験させると、中間は調教トーンが上がる。前2週は横山典が騎乗しての併走追い。はっきり仕上げに濃淡をつけ、まさしく勝負仕上げだ。

 舞台の阪神二千は内回りで中山に似たコース形態。反応早く、鋭い決め手が要求される。切れに切れる末脚、最高の仕上げでトップホースに仲間入りする。

 馬券は単勝、馬連、オッズ相談でワイドにも手を出したいが、勝負は3連単だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  2. 2

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  3. 3

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る