• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【大阪杯】アルアインGⅠ2勝目だ

昨年の皐月賞に大きなヒント

 昨年の皐月賞馬アルアインで勝負。

 今からちょうど1年前のこと。現4歳、つまり当時の3歳牡馬は「牝馬に比べて強くない」という評価が大勢を占めていた。実際、1冠目の皐月賞では新馬→五百万→GⅢフラワーCと3戦全勝の牝馬ファンディーナが1番人気に支持されたほどである(結果は⑦着)。

 だが、レースはそんな評価をいっぺんにひっくり返すインパクトがあった。

 その勝ち馬こそがアルアイン。GⅢ毎日杯を千八1分46秒5の好時計で勝ったものの、当日はまだ9番人気。ところが、二千メートル1分57秒8のレースレコードで制して1冠目を奪取。このレースにこそ、今回の大きなヒントがある。

 というのも、この皐月賞①~⑧着のうち、5頭が大阪杯にエントリー。ちなみに、いない3頭のうちの1頭は前記ファンディーナ。そして、残り2頭は④着のクリンチャー(菊花賞②着、京都記念勝ち)と、⑤着のダービー馬で、土曜深夜にドバイシーマクラシックに出走するレイデオロだ。

 では、大阪杯にも出てきた馬はというと、②着ペルシアンナイト、③着ダンビュライト、⑥着スワーヴリチャード、⑧着ウインブライト。ペルシアンは昨秋、古馬相手にマイルCSを制した。その他の3頭は今年に入ってからGⅡ勝ち。そんな超ハイレベルメンバーを相手に頂点に立ったのがアルアインというわけ。

 しかも、レース内容も極上。前半のラップが3F35秒1、5F59秒0と緩みがないのに、後半はそれを上回る5F58秒8、3F34秒5。この記録が大阪杯の舞台と非常に似た中山二千メートルでマークされたというところにも価値がある。

 休み明けの京都記念は決して向くとは思えない重馬場。それでもきっちり脚を伸ばしてきた。

 今度は皐月賞同様、スピードが生きる良馬場。高松宮記念を制して勢いのある川田を背に、2つ目のGⅠをゲットする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る