【大阪杯】といえば92年トウカイテイオー復活劇の名実況でしょ

公開日:

 キタサンブラックの優勝から、はや1年。明日は2回目の「GI大阪杯」ですね。今年も中距離の一流馬がズラリとそろい、実況も難しいだろうなぁ。大阪杯の実況といえば……、やっぱり1992年(当時は産経大阪杯・GⅡ)の杉本清さんですよね。

 3冠確実といわれながら、ダービー後に骨折、休養となってしまったトウカイテイオーの、約1年ぶりの復帰戦。単勝1.3倍の圧倒的人気、杉本さんの実況も、もちろんテイオー中心でした。“名言”は3コーナーすぎ、逃げるイクノディクタスにゴールデンアワーが並びかける、その時に飛び出しました。

「前の2頭はどうでもいい」

 先行馬軽視にも聞こえますが、杉本さんはファンの「テイオーを見たい」気持ちを最優先、カメラが逃げ馬に寄るのを制したのです。当時、競馬番組「ドリーム競馬」をやっていたボクらは、とかく画一的になりがちな、直線で内から順に映すようなカメラワークは避けようと毎週のように話していましたから。

 テイオーは馬なりで前の2頭を捕らえると、ムチも入れずに余裕の勝利。ファンが見たかったテイオーの復活。それに寄り添う杉本さんの“名実況”が忘れられません。

 今年はここまでの中距離重賞を4歳馬が席巻、◎スワーヴリチャード。右回りにはまだ不安もあるけど、ミルコを信じます。アルアイン、ダンビュライトら相手も4歳中心に。スワーヴが②③着の可能性も考えて、◎1頭軸の3連単マルチ60点でいきますか。(俳優)

◎スワーヴリチャード
○アルアイン
▲ダンビュライト
△トリオンフ
△ペルシアンナイト
△サトノダイヤモンド

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る