【大阪杯】レース後の談話

公開日:

①着スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) 芝が長くて、外、外を回るとダメ。有馬記念のような競馬はしたくないと思っていたからね。流れが落ち着いて、“ペースが遅い”と感じたし、手応えが楽だったので、前へ行って内側へ。直線でも凄い手応え。手前を替えてくれたので“これは負けない”と。左回り、右回りも関係ないですよ。

庄野調教師 (スローに)心の中で“ミルコ、動いて”と思ったら、いいタイミングで動いてくれましたね。ゲート、内にもたれる面にまだ課題は残りますが、現状、素晴らしいレースができた。秋には(東京に)大きなレースも。今年は飛躍の年にしたい。昨年勝ったキタサンブラックが年度代表馬に。追いつけ、追い越せで頑張っていきたい。

②着ペルシアンナイト(福永騎手) 道中は内で我慢できたし、直線も狭いところをいい形で抜け出してくれた。勝ち馬は捕まえ切れなかったけど、距離は問題なかったし、イメージした通りの競馬はできたと思う。スタートで斜め上に出る癖はあったが、それ以外はいうことないくらい上手に走ってくれた。

③着アルアイン(川田騎手) 全体を通せば自分の競馬はできたと思います。最後もスワーヴを捕まえられそうな感じでしたが、そこから追いつけなくて、苦しくなってしまった。でも、精いっぱい頑張ってますよ。

④着ヤマカツエース(池添騎手) 最後はいい脚を使ってくれているんですけどね。返し馬でも(4キロ減と)絞れてすごくよかった。ただ、思った以上にペースが落ち着いて。上位に食い込みたかったですね。

⑤着ミッキースワロー(横山典騎手) スタートは誤算も途中から動きがあって、この馬にはいい流れだった。精神的にもどっしりとしてきたのもいい傾向。ただ、いつもよりしなやかさはなかったかな。その中でよく頑張っているよ。

⑥着ダンビュライト(浜中騎手) 返し馬で落ち着きがあって、番手でうまく競馬ができましたが、勝ち馬が来た時に少し離されて。大きくバテてはいないんですけどね。

⑦着サトノダイヤモンド(戸崎騎手) スローペースの内枠で動くに動けなかったし、3~4角でもゴチャついて、どうにもならなかった。きょうは展開がすべてです。

⑧着トリオンフ(田辺騎手) 中で態勢が悪い時にゲートを切られてしまって。思ってたよりも位置取りが後ろになってしまった。途中でジワ~ッと動いたけど、きょうのような流れでは厳しかったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る