強い4歳世代守備範囲は千八~二千二百㍍の狭さ

公開日:  更新日:

 大阪杯は①着スワーヴリチャードはもちろん、②③⑤着も4歳世代。掲示板5頭のうち4頭を占めた。現4歳世代の強さは周知の通りだが、実は決して距離のレンジが広いわけではない。

 その大阪杯で今年の芝重賞は10勝目。その距離をみると、千八百メートルで3勝、二千メートルで3勝、二千二百メートルで2勝。千八~二千二百で8勝と中距離に集中している。

 他の距離はどうか。

 千六でいえば、先週土曜の中山ダービー卿CTで唯一の4歳馬で2番人気レッドアンシェルが⑦着止まり。今年のマイル重賞は1勝だけである。千四も同じく1勝のみ。千二にいたっては③着が1頭いるだけ。

 逆に長くなっても重賞では成績が上がっていない。二千四百以上では日経賞=キセキ、阪神大賞典=クリンチャーと1番人気に支持されたが、キセキ⑨着、クリンチャー③着。9頭が出走して②着2回のみにとどまっている。

 この4歳世代は中距離で群を抜く強さでも、短距離からマイル、そして二千四百メートル以上の長距離では人気を裏切るケースも。馬券作戦として頭には置いておきたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る