【船橋S】8番人気ライトフェアリーの勝利で波乱に

公開日:

レース後の談話

①着ライトフェアリー(柴山騎手) 外枠がよかったですね。他に行く馬もいなかったし、外めからスムーズに行くことができました。道中は力むところもあったけど、何とか最後までしのいでくれました。きょうはうまく噛み合いましたね。

②着アッラサルーテ(石橋騎手) 前走は好位のインのポケットにはまって動けない競馬になってしまったので、今回は早めに外に出しました。自分のタイミングで仕掛けていけたし、うまく後続の末脚は封じ込んだんだけど、前が止まらなかったです。勝ち馬が強かったですね。

③着ワンアフター(内田騎手) 内枠を利して好位のいいポジションで運べたよ。ただ、勝ち馬の手応えがよすぎたね。直線入り口ではその真後ろにいたけど、突き放されてしまったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る