【ドバイ国際競走】ゴドルフィンGⅠ3連勝 立役者は欧州大寒波!?

公開日:

チームプレーが機能しなくても〝セカンド〟が大仕事

 ドバイから吉報は届かなかった。

 土曜深夜の「ドバイワールドカップデー」に日本からは過去最多となる14頭が参戦。ドバイターフではヴィブロスが②着し、リアルスティール、ディアドラが③着同着という好走はあったものの、15年以来、3年ぶりに未勝利に終わった。

 日本勢とは逆に活躍が目立ったのが“チーム・ゴドルフィン”だ。

 馬券発売のあった4つのレースでみると、ターフではベンバトルが勝利し、シーマクラシックはホークビル、さらにメインのワールドCはサンダースノーと後半3つのGⅠをかっさらった。

 ただし、映像を見て気付いたファンもいただろうが、この3頭は勝負服こそ“ゴドルフィンブルー”でも、帽子の色はブルーではなく、白だった。

 ゴドルフィンの多頭数出しの場合、一番の期待馬が勝負服と同じ青帽になる。白はいわば“セカンドカラー”なのだ。

 海外では多頭数出しによる“チームプレー”は当たり前。

 今回、シーマクラシックが顕著だったが、ペースメーカーになるはずだったベストソリューションが逃げず、“青帽”クロスオブスターズが頭を上げて終始、リズムの悪い走りに。決してチームプレーが機能していたとは思えなかった。それでも終わってみれば、ゴドルフィンの期待度が次位以下だった馬が次々と勝ったということである。

 今年はダートのワールドCを別にすると、芝のシーマクラシック、ターフで欧州勢がかなり手薄な印象だった。

 これは大寒波の影響が大きかったのではないだろうか。2月から3月上旬にかけてヨーロッパの競馬は強烈な寒さで、開催中止が相次いだほど。ローテーションが狂ったり、状態の維持が難しかったり。出走態勢を整えるだけでも、例年よりハードルは高かったに違いない。

 シーマで7年ぶり、ターフでは5年ぶりの勝利があったからこそ、ゴドルフィンはGⅠ3勝、それも一番馬以外で。その裏には、離れた欧州での異常気象があったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る