• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜阪神11R・阪神牝馬S】リスグラシューGⅠ馬を撃破

 アドマイヤリード、ソウルスターリングのGⅠ馬もいるが、リスグラシューの実力も決してヒケは取らない。

 2歳時は阪神JF②着で3歳牝馬の3冠は②⑤②着。ビッグタイトルには届かなかったとはいえ、世代上位の実績を残してきた。

 その実力が花開いてきたと思わせたのが前走の東京新聞杯だ。牡馬を相手に直線は1頭分の狭いスペースを突いてグイッとひと伸び。混戦の②着争いを尻目に鋭く抜け出してみせた。

 前走が東京遠征でプラス4キロ。馬体維持に悩まされた昨春のか弱い姿はもうない。その証拠に、2週前の坂路で4F52秒5なら、今週は51秒3とさらに負荷を強めてきたほどだ。前記GⅠ馬2頭より2キロのアドバンテージもある。この前哨戦は負けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る