弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜阪神11R・阪神牝馬S】リスグラシューGⅠ馬を撃破

公開日:

 アドマイヤリード、ソウルスターリングのGⅠ馬もいるが、リスグラシューの実力も決してヒケは取らない。

 2歳時は阪神JF②着で3歳牝馬の3冠は②⑤②着。ビッグタイトルには届かなかったとはいえ、世代上位の実績を残してきた。

 その実力が花開いてきたと思わせたのが前走の東京新聞杯だ。牡馬を相手に直線は1頭分の狭いスペースを突いてグイッとひと伸び。混戦の②着争いを尻目に鋭く抜け出してみせた。

 前走が東京遠征でプラス4キロ。馬体維持に悩まされた昨春のか弱い姿はもうない。その証拠に、2週前の坂路で4F52秒5なら、今週は51秒3とさらに負荷を強めてきたほどだ。前記GⅠ馬2頭より2キロのアドバンテージもある。この前哨戦は負けられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る