外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・ニュージーランドT】調整過程が違うカツジ重賞初V

公開日: 更新日:

 ◎カツジで勝負する。新馬勝ち後の重賞2戦はいずれも臨戦過程が十分なものではなかった。それでも②⑤着と崩れずにきた実力を買いたい。

 デイリー杯2歳Sは道悪での新馬Vから中2週。タイトなローテーションが影響したか、レースもゴール前では外に逃げる若さを見せていた。

 続くきさらぎ賞にしても、朝日杯FSをフレグモーネで回避した後の一戦。厳寒期に順調さを欠く調整では14キロ増もやむなしだったか。力みながらも⑤着に踏ん張ってくれば、素材の高さは十分示した。

 今回は4週連続で鞍上が追い切りにまたがり、しっかりコンタクトを取ってきた。じっくり時間をかけた調整は大きな上積みを生む。勝ってNHKマイルCへと駒を進める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  7. 7

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る