【桜花賞】本当にサクラサク!?

公開日:

 今年、ここまでの桜花賞戦線は「花」がつく2頭が中心となっている。

 もちろん、それはラッキーライラックとリリーノーブル。同じ舞台の阪神ジュベナイルFは①②着、チューリップ賞は①③着だった。

 ライラックはヨーロッパ原産で、4月から5月くらいに開花する。日本では「さっぽろライラックまつり」が有名。リリーは日本でお馴染みの百合。品種や栽培方法により差があるものの、だいたい4月から8月に花を咲かせる。

 つまり、ライラックもリリーもこれからシーズンを迎えるわけ。そんな中、桜花賞には“そのものズバリ”ともいえる馬が出走してきた。
 5番のレッドサクヤがそれ。サクヤは日本神話に登場する桜の女神だ。

 母はサクラサクⅡ。北海道生まれだが、渡米してデビュー。1戦して②着1回の成績を残し、日本で繁殖入りした。

 レッドサクヤを含めてJRAデビューの9頭全てが勝ち上がり。11歳上の姉はヴィクトリアマイルでウオッカを破ったエイジアンウインズである。

 エルフィンSからのぶっつけは09年レッドディザイアが②着、11年マルセリーナがV。決して狙えないローテーションではない。

 しかも、23勝とリーディング断トツの藤原英厩舎の管理馬だ。本当に「サクラサク」となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る