• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【桜花賞】本当にサクラサク!?

 今年、ここまでの桜花賞戦線は「花」がつく2頭が中心となっている。

 もちろん、それはラッキーライラックとリリーノーブル。同じ舞台の阪神ジュベナイルFは①②着、チューリップ賞は①③着だった。

 ライラックはヨーロッパ原産で、4月から5月くらいに開花する。日本では「さっぽろライラックまつり」が有名。リリーは日本でお馴染みの百合。品種や栽培方法により差があるものの、だいたい4月から8月に花を咲かせる。

 つまり、ライラックもリリーもこれからシーズンを迎えるわけ。そんな中、桜花賞には“そのものズバリ”ともいえる馬が出走してきた。
 5番のレッドサクヤがそれ。サクヤは日本神話に登場する桜の女神だ。

 母はサクラサクⅡ。北海道生まれだが、渡米してデビュー。1戦して②着1回の成績を残し、日本で繁殖入りした。

 レッドサクヤを含めてJRAデビューの9頭全てが勝ち上がり。11歳上の姉はヴィクトリアマイルでウオッカを破ったエイジアンウインズである。

 エルフィンSからのぶっつけは09年レッドディザイアが②着、11年マルセリーナがV。決して狙えないローテーションではない。

 しかも、23勝とリーディング断トツの藤原英厩舎の管理馬だ。本当に「サクラサク」となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

  8. 8

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  9. 9

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る