【桜花賞】本当にサクラサク!?

公開日: 更新日:

 今年、ここまでの桜花賞戦線は「花」がつく2頭が中心となっている。

 もちろん、それはラッキーライラックとリリーノーブル。同じ舞台の阪神ジュベナイルFは①②着、チューリップ賞は①③着だった。

 ライラックはヨーロッパ原産で、4月から5月くらいに開花する。日本では「さっぽろライラックまつり」が有名。リリーは日本でお馴染みの百合。品種や栽培方法により差があるものの、だいたい4月から8月に花を咲かせる。

 つまり、ライラックもリリーもこれからシーズンを迎えるわけ。そんな中、桜花賞には“そのものズバリ”ともいえる馬が出走してきた。
 5番のレッドサクヤがそれ。サクヤは日本神話に登場する桜の女神だ。

 母はサクラサクⅡ。北海道生まれだが、渡米してデビュー。1戦して②着1回の成績を残し、日本で繁殖入りした。

 レッドサクヤを含めてJRAデビューの9頭全てが勝ち上がり。11歳上の姉はヴィクトリアマイルでウオッカを破ったエイジアンウインズである。

 エルフィンSからのぶっつけは09年レッドディザイアが②着、11年マルセリーナがV。決して狙えないローテーションではない。

 しかも、23勝とリーディング断トツの藤原英厩舎の管理馬だ。本当に「サクラサク」となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  3. 3

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  9. 9

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る