• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【桜花賞】本当にサクラサク!?

 今年、ここまでの桜花賞戦線は「花」がつく2頭が中心となっている。

 もちろん、それはラッキーライラックとリリーノーブル。同じ舞台の阪神ジュベナイルFは①②着、チューリップ賞は①③着だった。

 ライラックはヨーロッパ原産で、4月から5月くらいに開花する。日本では「さっぽろライラックまつり」が有名。リリーは日本でお馴染みの百合。品種や栽培方法により差があるものの、だいたい4月から8月に花を咲かせる。

 つまり、ライラックもリリーもこれからシーズンを迎えるわけ。そんな中、桜花賞には“そのものズバリ”ともいえる馬が出走してきた。
 5番のレッドサクヤがそれ。サクヤは日本神話に登場する桜の女神だ。

 母はサクラサクⅡ。北海道生まれだが、渡米してデビュー。1戦して②着1回の成績を残し、日本で繁殖入りした。

 レッドサクヤを含めてJRAデビューの9頭全てが勝ち上がり。11歳上の姉はヴィクトリアマイルでウオッカを破ったエイジアンウインズである。

 エルフィンSからのぶっつけは09年レッドディザイアが②着、11年マルセリーナがV。決して狙えないローテーションではない。

 しかも、23勝とリーディング断トツの藤原英厩舎の管理馬だ。本当に「サクラサク」となるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る