弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【桜花賞】死角が見えてこない ラッキーライラックまずは1冠

公開日: 更新日:

 本番桜花賞もラッキーライラックが主役だ。

 昨年の阪神JFは3F33秒7の末脚でねじ伏せた。強かったものの、物足りなさもあった。それはゴーサイン後の反応。大きなフットワークの走りで、加速に時間がかかる印象があった。

 しかし、前走のチューリップ賞ではその課題を解消。成長した姿を見せつけている。早めの3番手追走は意外だったが、11秒7―10秒7―11秒5の速い上がりに難なく対応。直線は追い出しを待つ余裕まであった。自身は3F33秒3の鋭さで②着以下を完封したのだ。

 大跳びで、なおかつ回転の速い走りへの変化。父のオルフェーヴル級とは言わないまでも、特徴をよく受け継いだ走りは紛れもなく超一級品。

 同時に、前半で3番手のポジションを取り、勝った点も評価できる。トライアルで新しい競馬を試して、完璧な結果。それも、勝ち時計の1分33秒4は阪神JFを0秒9も短縮。桜花賞レコードに0秒1差に迫る好タイムである。戦術面でも幅が広がる前哨戦だったから、死角が見えてこない。

 最終Cウッド追いも抜群の動き。1F11秒5の鋭さで併走馬を問題にしなかった。仕上げも万全、まずは1冠制覇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る