• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【桜花賞】死角が見えてこない ラッキーライラックまずは1冠

 本番桜花賞もラッキーライラックが主役だ。

 昨年の阪神JFは3F33秒7の末脚でねじ伏せた。強かったものの、物足りなさもあった。それはゴーサイン後の反応。大きなフットワークの走りで、加速に時間がかかる印象があった。

 しかし、前走のチューリップ賞ではその課題を解消。成長した姿を見せつけている。早めの3番手追走は意外だったが、11秒7―10秒7―11秒5の速い上がりに難なく対応。直線は追い出しを待つ余裕まであった。自身は3F33秒3の鋭さで②着以下を完封したのだ。

 大跳びで、なおかつ回転の速い走りへの変化。父のオルフェーヴル級とは言わないまでも、特徴をよく受け継いだ走りは紛れもなく超一級品。

 同時に、前半で3番手のポジションを取り、勝った点も評価できる。トライアルで新しい競馬を試して、完璧な結果。それも、勝ち時計の1分33秒4は阪神JFを0秒9も短縮。桜花賞レコードに0秒1差に迫る好タイムである。戦術面でも幅が広がる前哨戦だったから、死角が見えてこない。

 最終Cウッド追いも抜群の動き。1F11秒5の鋭さで併走馬を問題にしなかった。仕上げも万全、まずは1冠制覇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る