• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【桜花賞】死角が見えてこない ラッキーライラックまずは1冠

 本番桜花賞もラッキーライラックが主役だ。

 昨年の阪神JFは3F33秒7の末脚でねじ伏せた。強かったものの、物足りなさもあった。それはゴーサイン後の反応。大きなフットワークの走りで、加速に時間がかかる印象があった。

 しかし、前走のチューリップ賞ではその課題を解消。成長した姿を見せつけている。早めの3番手追走は意外だったが、11秒7―10秒7―11秒5の速い上がりに難なく対応。直線は追い出しを待つ余裕まであった。自身は3F33秒3の鋭さで②着以下を完封したのだ。

 大跳びで、なおかつ回転の速い走りへの変化。父のオルフェーヴル級とは言わないまでも、特徴をよく受け継いだ走りは紛れもなく超一級品。

 同時に、前半で3番手のポジションを取り、勝った点も評価できる。トライアルで新しい競馬を試して、完璧な結果。それも、勝ち時計の1分33秒4は阪神JFを0秒9も短縮。桜花賞レコードに0秒1差に迫る好タイムである。戦術面でも幅が広がる前哨戦だったから、死角が見えてこない。

 最終Cウッド追いも抜群の動き。1F11秒5の鋭さで併走馬を問題にしなかった。仕上げも万全、まずは1冠制覇だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る