• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
木津信之
著者のコラム一覧
木津信之

携帯電話にはズラリとジョッキーの電話番号が。岩田のような関西のベテランから、中堅どころはもちろん、石川のような若手まで、いつでも直撃。ついつい、本音がもれてくることも数知れない。加藤征、斎藤厩舎などにもグッと食い込んでいる。暮れの有馬記念では吉田隼にじっくりと取材。◎ゴールドアクターで3連単12万5870円をモノにした。

【桜花賞】最年長勝利へ 柴田善 トーセンブレス

JRA現役最年長ジョッキーだった木幡広が先月末で引退。これにより、柴田善が繰り上がって、51歳の最年長ジョッキーになった。

以前に比べて乗り鞍こそ減ったものの、その技術に衰えはない。今でも“さすが”とうならせる騎乗を見せてくれる。

そんなベテランが日曜は阪神へ。桜花賞でトーセンブレスの手綱を取るためだ。

これまで桜花賞は14回参戦して②着2回(89年ホクトビーナス、91年ヤマノカサブランカ)。約30年前の雪辱を果たすべく静かに腕をぶしている。

――過去の桜花賞では②着が2回あります。
柴田善騎手「そう。随分昔の話をするねえ(笑い)。ヤマノカサブランカはなぜ乗せてもらえたか、いまだに分からないんだけど、中村好夫先生にはよく乗せてもらってたかな。やはり自厩舎(中野隆厩舎)だったホクトビーナスの方が思い入れがあるよね」

――直線で抜け出した時は勝ったかと。
「負けたんだけどね(苦笑い)。ダートで勝ち上がって初めての芝でも、毎日乗ってデキの良さを感じてたんで自信はあったんだ。勝ったシャダイカグラとは差が差だったし(頭差)、悔しかったけど、最後は距離だね。そんな止まり方だったよ」

――今年はトーセンブレスで挑戦します。前走フラワーCは②着でした。
「加速していった時は差し切れる勢いだったんだよ。最後の最後に勝ち馬と同じ脚色になっちゃった。久々か千八かは分からないけど」

――条件は好転するということですよね。
「だね。ひとたたきしていいはずだし、マイルになるのはプラスだろうから」

――ここ3戦での変化は感じますか。
「精神的に成長したね。コントロールが利くようになったもの。阪神JFでも掛かっていたので、前走は(ハミを)くわえたらキツイなと思っていたんだ。それが我慢できていたからね」

――どんなイメージで臨みますか。
「まずはゲートを決めたい。スタートからはいじれないけど、今なら道中からは動かせそうなんで。暮れ(阪神JF)よりは攻めるレースができるはず。枠はいいところだと思うよ。前に壁をつくれそうだからね」

――期待できますね。
「チャンスがないわけじゃない。人気はないけど、逆転できる素質は持ってると思ってるんだ。ここで勝つとクラシック最年長勝利なんだってね。それも狙って頑張るよ(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る