武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【桜花賞】リリーノーブル 桜の女王へ

公開日:

 ラッキーライラックの1枠1番は“両刃の剣”だ。距離のロスはなくても、包まれて動くに動けない危険もある枠といえよう。

 実際、桜花賞で白帽の連対馬は94年の勝ち馬オグリローマンが最後。実力は認めても○とした。

 ◎はリリーノーブル。阪神JF②着、チューリップ賞③着と大本命馬に連敗中だが、0秒1、0秒4差なら、決定的な敗戦とはいえない。特に前走の「0秒4」は2頭の実力差ではない。

 というのも、チューリップ賞のリリーノーブルは外枠、休み明けが影響して終始、力んだ感じの走りに。かなりスタミナをロスしていた。

 意外にルーラーシップ産駒の休み明けは鬼門。日経賞ではキセキが掛かって早め先頭から失速した。ダンビュライト、ホウオウドリーム、レジェンドセラー、サンリヴァルといった他のオープン馬も、間隔があいた時の成績は芳しくない。

 今度はたたき2戦目、折り合いやすい真ん中の枠。さらに最終追い切りではラスト1F11秒4の切れ味を披露し、状態は最高潮だ。

 川田は来週の皐月賞で強力な相棒ダノンプレミアムが回避するアクシデント。その悔しさをここに全てぶつけてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る