• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【桜花賞】リリーノーブル 桜の女王へ

 ラッキーライラックの1枠1番は“両刃の剣”だ。距離のロスはなくても、包まれて動くに動けない危険もある枠といえよう。

 実際、桜花賞で白帽の連対馬は94年の勝ち馬オグリローマンが最後。実力は認めても○とした。

 ◎はリリーノーブル。阪神JF②着、チューリップ賞③着と大本命馬に連敗中だが、0秒1、0秒4差なら、決定的な敗戦とはいえない。特に前走の「0秒4」は2頭の実力差ではない。

 というのも、チューリップ賞のリリーノーブルは外枠、休み明けが影響して終始、力んだ感じの走りに。かなりスタミナをロスしていた。

 意外にルーラーシップ産駒の休み明けは鬼門。日経賞ではキセキが掛かって早め先頭から失速した。ダンビュライト、ホウオウドリーム、レジェンドセラー、サンリヴァルといった他のオープン馬も、間隔があいた時の成績は芳しくない。

 今度はたたき2戦目、折り合いやすい真ん中の枠。さらに最終追い切りではラスト1F11秒4の切れ味を披露し、状態は最高潮だ。

 川田は来週の皐月賞で強力な相棒ダノンプレミアムが回避するアクシデント。その悔しさをここに全てぶつけてくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る