亀井辰之介
著者のコラム一覧
亀井辰之介

メーンレースまでの稼ぎ場をあらゆる角度から徹底的にリサーチ。ピックアップした推奨レースに鋭い視点で切り込んでタマを何倍にも増やしていく西のスナイパー。

【桜花賞】桜の女王はディープ産駒 プリモシーン阪神マイルではじける

公開日:

 ディープインパクト産駒プリモシーンが勝つ。

 デビュー3戦が2勝②着1回の好成績。その勝ち内容も素晴らしい。初勝利は2戦目の東京マイル。上がり3F33秒2とディープ産駒らしい切れで差し切った。

 前走のフェアリーSも強かった。中山マイルはディープ産駒にとって鬼門の舞台。ここまで重賞では35頭が挑戦して勝ち馬はゼロだった。それを②着馬に0秒2差をつけての完勝だ。

 内枠有利といわれる中、7枠14番からねじ伏せたから価値も高い。ちなみに、前2走で②⑥着に負かしたテトラドラクマは直後のクイーンCの覇者となった。

 この戦績も血統を見れば納得。

 母モシーンは豪州でVRCオーストラリアンギニー(芝千六)、ランドウィックギニーズ(芝千六)などGⅠ4勝を挙げた名牝。母の父ファストネットロックは豪州リーディングサイアーにも輝いた名スプリンターだ。母系からGⅠ級の豊富なスピードを受け継いでいる。

 しかも、この母系にはデインヒル、ヌレイエフ、ノーザンダンサーなど、父と相性のいい血が多く入っている。同じノーザンダンサーの多重クロスを持つ産駒には12年の3冠牝馬ジェンティルドンナがいて、配合の質は非常に高い。今年6頭いるディープ産駒の中でも血統背景は最も魅力的だ。

 1月以来のレースになるが、前走が同じ3カ月ぶりだったように、久々は苦にしないタイプ。未勝利勝ちで見せた末脚から、同じマイル戦でも中山から阪神外回りに替われば、さらにパフォーマンスが上がるか。桜花賞に強いディープ産駒が今年は巻き返す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る