• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【桜花賞】1番の勝ち馬は24年前まで遡らないと…

 さあ2018年のクラシック開幕! 今年はどんなドラマが待っているのか、胸躍りますね。

 明日の桜花賞には4戦全勝、無敗の2歳女王ラッキーライラックが登場。牝馬3冠へ向けての第一歩ですが、まさか1枠1番を引くとは。普通のレースであれば最短距離を走れる1番枠は歓迎なんですけどね……。こと桜花賞に限っては、さにあらず。3年前コンテッサトゥーレが③着に来たものの、連対となると20年以上なく、なんと24年前の勝ち馬オグリローマンまで遡らなければいけないのです。

 当時をちょっと振り返ってみよう。あのオグリキャップの6歳下の妹、兄と同じように笠松で活躍後、中央入りして2戦目のチューリップ賞で②着。本番の桜花賞では武豊騎手を背に3番人気、そして1番枠。絶好のスタートから道中はスッと下げ、直線では徐々に外へ。残り200メートルでもまだ7、8番手でしたが、最後に鋭く伸びて、先に抜け出したツィンクルブライドをハナ差とらえて優勝!

 桜花賞連覇を果たした豊君の絶妙の騎乗だったと、万馬券を取れなかったボクは悔しさ半分に見つめていましたよ。

 やはり、ごちゃつく内枠は若い女の子にはキツイのでしょうか。ならばちょうど真ん中を引いたリリーノーブルで逆転狙い。

 相手はアーモンドアイ、ラッキーライラック、マウレア、穴でフィニフティ。勝ち馬を絞った3連単フォーメーション計36点で勝負します!

◎リリーノーブル  
○アーモンドアイ  
▲ラッキーライラック
△マウレア     
△フィニフティ   
△デルニエオール

【3連単】フォーメーション
▼⑨→①⑫⑬⑯⑰
 →①⑫⑬⑯⑰
▼①⑬→⑨
 →①⑫⑬⑯⑰
▼①⑬→①⑫⑬⑯⑰
 →⑨

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る