【桜花賞】1番の勝ち馬は24年前まで遡らないと…

公開日:

 さあ2018年のクラシック開幕! 今年はどんなドラマが待っているのか、胸躍りますね。

 明日の桜花賞には4戦全勝、無敗の2歳女王ラッキーライラックが登場。牝馬3冠へ向けての第一歩ですが、まさか1枠1番を引くとは。普通のレースであれば最短距離を走れる1番枠は歓迎なんですけどね……。こと桜花賞に限っては、さにあらず。3年前コンテッサトゥーレが③着に来たものの、連対となると20年以上なく、なんと24年前の勝ち馬オグリローマンまで遡らなければいけないのです。

 当時をちょっと振り返ってみよう。あのオグリキャップの6歳下の妹、兄と同じように笠松で活躍後、中央入りして2戦目のチューリップ賞で②着。本番の桜花賞では武豊騎手を背に3番人気、そして1番枠。絶好のスタートから道中はスッと下げ、直線では徐々に外へ。残り200メートルでもまだ7、8番手でしたが、最後に鋭く伸びて、先に抜け出したツィンクルブライドをハナ差とらえて優勝!

 桜花賞連覇を果たした豊君の絶妙の騎乗だったと、万馬券を取れなかったボクは悔しさ半分に見つめていましたよ。

 やはり、ごちゃつく内枠は若い女の子にはキツイのでしょうか。ならばちょうど真ん中を引いたリリーノーブルで逆転狙い。

 相手はアーモンドアイ、ラッキーライラック、マウレア、穴でフィニフティ。勝ち馬を絞った3連単フォーメーション計36点で勝負します!

◎リリーノーブル  
○アーモンドアイ  
▲ラッキーライラック
△マウレア     
△フィニフティ   
△デルニエオール

【3連単】フォーメーション
▼⑨→①⑫⑬⑯⑰
 →①⑫⑬⑯⑰
▼①⑬→⑨
 →①⑫⑬⑯⑰
▼①⑬→①⑫⑬⑯⑰
 →⑨

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る