【桜花賞】アーモンドアイ早くも3冠見えたか

公開日:

圧勝で厩舎の先輩アパパネ超え

「トリプルクラウンを考えますね」

 レース後のインタビューでルメールから“3冠宣言”まで飛び出した。それほど桜花賞は終わってみればアーモンドアイの独壇場だった。

 スタート後は16番手のブービーポジション。道中の位置も大きく変わることなく、3角15番手、そして4角では16番手だったが、そこからが凄かった。

「瞬発力がアンビリーバブル」

 周りの馬にステッキが入っている中、大外に進路を取って馬なりで進出を開始すると「アンビリーバブル」とルメールが振り返ったように、抜群の瞬発力を発揮した。

 残り1F付近で先頭に立って、“勝つ”態勢をつくっていたラッキーライラック。その最大のライバルを楽々と射程圏にとらえると、あとは悠々とかわし去って1馬身4分の3差のフィニッシュだ。結局、ルメールは最後までステッキを大きく振り下ろすことはなく、ラスト3F33秒2! メンバー次位が34秒2と上がりで1秒も違う抜けた末脚で圧勝だから、他の馬はどう乗っても勝てなかったのではないかと思えるほどだ。

 父はロードカナロアでも、「距離だけが心配だった。(前半の)スピードがあまりないから」。

 そうルメールが振り返ったうえに、母フサイチパンドラはこの桜花賞は2番人気で⑭着。距離が延びたオークスでは②着している。

 今回は決してベストの舞台とはいえなかった中で、これだけの強さ。これで2冠目が楽しみになったのはもちろん、走破時計の1分33秒1は10年にアパパネがつくった桜花賞レコードを0秒2更新したのだから、能力は底知れない。

 アーモンドアイは、オークス、秋華賞も制して3冠牝馬になったそのアパパネと同じ国枝厩舎。冒頭のルメールの言葉どおり、この圧倒劇を見れば、再びの3冠牝馬誕生も現実味を帯びてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る