• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【桜花賞】ラッキーライラックにはオークスで逆転が狙える2つの武器がある

上には上がいた。それでも……

 上には上がいたということか。単勝1・8倍の断然人気だったラッキーライラックは②着に敗れた。

 昨年は3連勝で阪神ジュベナイルFを制し、今年初戦のチューリップ賞も完勝。14年ぶりの無敗の女王誕生に視界良好と思われた。

 レース運びも完璧だった。懸念されていた1番枠だったが、トップスタートからすんなり3番手をキープ。もまれることなく直線を向いて、あいたスペースからスムーズに抜け出してきた。

 自身の走破タイム1分33秒4はチューリップ賞の時と全く同じ。力は出し切っただけに、“これで負けたら仕方ない”ということだろう。

 では、2冠目も白旗を揚げるしかないかというと、そうでもない。

 昨年のオークスを振り返ると、2番手から抜け出したソウルスターリングと1番枠でロスなく進めたモズカッチャンが①②着。2番人気だったアドマイヤミヤビは大外から上がり最速タイで伸びてきたが、0秒7離された③着まで。

 イン有利、前残りの高速馬場への適性が明暗を分けていた。

 その点、ラッキーライラックはスタートの速さとレースセンスが大きな武器。黙っていても好位に付けられる機動力はアーモンドアイにはない。府中二千四百メートルへのコース替わりはアドバンテージ。樫の大舞台で逆転を狙う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る