• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜阪神11R・アーリントンC】ダノンスマッシュ能力全開

工夫こらした最終調整

 未勝利→オープン特別を抜群の切れ味で連勝したダノンスマッシュ。朝日杯フューチュリティS⑤着は②着ステルヴィオと0秒1差。世代上位の力量馬である。

 ところが、休養明けのGⅢファルコンSは完敗の⑦着。出遅れて引っ掛かるチグハグな競馬。馬群に包まれっぱなしだったのも影響した。

「調教でも馬の後ろにつくとスッと反応できないんです」と岩本助手だ。

 このことから、中間は新コンビの北村友が普段からまたがってコンタクトをとってきた。最終追いもひと工夫。Cウッドで猛時計(6F78秒7)を出した前走から一転して坂路4F55秒6のソフト調整。エネルギーは競馬までとっておく算段だ。今度こそ能力全開といく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る