弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜阪神11R・アーリントンC】ダノンスマッシュ能力全開

公開日:

工夫こらした最終調整

 未勝利→オープン特別を抜群の切れ味で連勝したダノンスマッシュ。朝日杯フューチュリティS⑤着は②着ステルヴィオと0秒1差。世代上位の力量馬である。

 ところが、休養明けのGⅢファルコンSは完敗の⑦着。出遅れて引っ掛かるチグハグな競馬。馬群に包まれっぱなしだったのも影響した。

「調教でも馬の後ろにつくとスッと反応できないんです」と岩本助手だ。

 このことから、中間は新コンビの北村友が普段からまたがってコンタクトをとってきた。最終追いもひと工夫。Cウッドで猛時計(6F78秒7)を出した前走から一転して坂路4F55秒6のソフト調整。エネルギーは競馬までとっておく算段だ。今度こそ能力全開といく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る