外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・中山グランドJ】大ベテラン林の入魂騎乗アップトゥデイト復活V

公開日:

 アップトゥデイトの復活Vに賭ける。

 昨暮れの中山大障害では、オジュウチョウサンに冷や汗をかかせる渾身の大逃げ。ゴール寸前でつかまったが、元王者としての意地と地力を再認識させる素晴らしい走りだった。

 今年初戦は阪神スプリングJを圧勝。上積み十分で臨むローテーションに好感が持てるし、「障害2000回騎乗」で引退を表明している林も、先週時点で5勝とリーディングトップだ。

 人馬ともに最高潮で臨む1994戦目は、レコードVの15年と同様に真っ向勝負。入魂の騎乗で押し切りを決める。

 対する現王者はぶっつけ本番。鞍上は今年未勝利と状況は厳しい。対抗は大障害コース③着2回のルペールノエルだ。

 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る