• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【皐月賞】弥生賞馬不在の1番人気は……

 弥生賞で4戦無敗となったダノンプレミアムが回避し、今年の皐月賞は一気に混戦ムードとなった。ちなみに、過去30年間で弥生賞馬不在のケースは89、95、96、00年と4回あり、実に18年ぶりのこととなる。

 これを古い順に振り返ると――。

 89年の弥生賞馬はレインボーアンバー。不良馬場で②着を1秒7も千切る圧勝だったが、本番は回避。北海道営出身の(地)、3番人気ドクタースパートが制した。

 95年は2歳王者フジキセキが弥生賞で無傷の4連勝。しかし、屈腱炎を発症、最後のレースとなった。勝ち馬は3番人気ジェニュインだ。

 96年はのちのダービー②着、菊花賞①着のダンスインザダークが熱発。皐月賞を制したのは4番人気イシノサンデーだった。

 00年はフサイチゼノンが1番人気に応えて本番の有力馬にのし上がったものの、脚部不安を発症。勝ち馬は2番人気エアシャカールである。

 つまり、過去4回は一度も1番人気が先頭でゴールしていない。

 最重要トライアルを勝てば、当然、クラシックの最有力候補。それがいないとなれば、“押し出された”形での人気となるのか。果たして、今年はどうなる!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る