【皐月賞】弥生賞馬不在の1番人気は……

公開日:

 弥生賞で4戦無敗となったダノンプレミアムが回避し、今年の皐月賞は一気に混戦ムードとなった。ちなみに、過去30年間で弥生賞馬不在のケースは89、95、96、00年と4回あり、実に18年ぶりのこととなる。

 これを古い順に振り返ると――。

 89年の弥生賞馬はレインボーアンバー。不良馬場で②着を1秒7も千切る圧勝だったが、本番は回避。北海道営出身の(地)、3番人気ドクタースパートが制した。

 95年は2歳王者フジキセキが弥生賞で無傷の4連勝。しかし、屈腱炎を発症、最後のレースとなった。勝ち馬は3番人気ジェニュインだ。

 96年はのちのダービー②着、菊花賞①着のダンスインザダークが熱発。皐月賞を制したのは4番人気イシノサンデーだった。

 00年はフサイチゼノンが1番人気に応えて本番の有力馬にのし上がったものの、脚部不安を発症。勝ち馬は2番人気エアシャカールである。

 つまり、過去4回は一度も1番人気が先頭でゴールしていない。

 最重要トライアルを勝てば、当然、クラシックの最有力候補。それがいないとなれば、“押し出された”形での人気となるのか。果たして、今年はどうなる!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る