武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【皐月賞】ディープ産駒は中山で狙え!戴冠ワグネリアン

公開日:

 ◎ワグネリアン。父ディープインパクトから受け継いだ瞬発力、底力で1冠目をモノにする。

 ディープ産駒は10年夏のデビューからいきなり活躍し、これまで積み上げてきた重賞勝ちはGⅠ40勝を含み165勝にもなる。これを競馬場別で見ると、阪神38勝、東京37勝、京都34勝、中山24勝。主要4場の中で中山が最も少ない。

 ところが、この傾向が近年、大きく様変わり。

 16年以降に限れば、中山が15勝でトップ。阪神13勝、東京11勝、京都8勝の順。しかも、今年の重賞5勝はフェアリーS=プリモシーンから先週のニュージーランドT=カツジまで、全て中山という極端な様相だ。

 今やディープ産駒は中山でこそ“買い”。大物ダノンプレミアムは回避したものの、まだまだワグネリアンがいる。

 弥生賞②着で連勝はストップ。レース前のイレ込み、馬体減、コーナリングのまずさなど、悪い面が多く見られたレースだった。しかし、前回はあくまでもトライアルだ。本番まで十分な時間もあり、一流の友道厩舎なら、きっちり修正してくるに違いない。

 相手本線もディープでキタノコマンドール。詳細は新谷記者に譲るが、すみれSの記録の優秀さから、能力は◎に匹敵する。3連単はこの2頭のマルチでいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る